2013年10月06日

日本最古の文字須恵器

日本最古の文字須恵器の展示.JPG
日本最古の文字須恵器(刻書須恵器)が、私の住む能美市で
発見され、先日報道発表されました。
『刻まれた古代能美の文字と絵画-発見!-日本最古の文字須恵器』展が
能美市博物館で開催されています。

学芸員の山内さんが、丁寧に対話方式で説明してくれました。

ここからは、展示パネルからの引用です。

これまで、日本最古の文字須恵器は
堺市野々井25号墳、野洲市の桜生7号墳のそれぞれ6世紀の制作でしたが
展示されている能美市和田山23号墳は、5世紀後半と鑑定されました。

漢字そのもののは5世紀からとされ
「埼玉稲荷山古墳の辛亥銘鉄剣」471年
江田船山古墳の「治天下銘太刀」5世紀後半
などで見られます。

今回の文字は、「須恵器」に書かれて焼かれたものです。
発掘時はこのような埋められ方でした。
能美市博物館日本最古の.JPG二年刻須恵器高杯蓋.JPG未刻書須恵器壷.JPG

日本最古の文字須恵器.JPG
「二年」刻書須恵器高杯蓋
文字は、蓋を正位置の状態から90度起こして書者が縦書きに書きやすい位置
にしています。

日本最古の文字須恵器「未」.JPG
「未」刻書須恵器壺
体部の系が最大となる位置に、正位置で「未」(約2センチ)と読める文字が
一文字書かれています。

何故、「二年」や「未」なのか?
何処で焼かれたものなのか?興味は尽きません。

鑑賞中、隣県の富山県から歴史マニアの方が来ていました。
多くの方に、見て頂きたいと思います。
市民の方は、当然見とくべきです。

丁度「遷宮の年」。
古代や奈良・平安時代に興味を注ぐのもいいかもしれません。
posted by 社長 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 能美市のこと

2013年10月02日

気比の松原

気比の松原.JPG

日曜日、時間があったので
美保の松原、虹の松原と並ぶ「気比の松原」を見に行きました。
波に打上げられたゴミの多さに、ビックリ。

これが、普通なのかと?
最近、海が荒れたのはいつだっけ?
いろんな事を思いながら、海と松の海岸線を眺めました。

久しぶりのブログになりました。
息子の結婚式で、何かと忙しい9月でした。
皆さんの前で「誓いのキス」をするシーンでは
親ながら、複雑な心境でしたが
上手に見えないようにさりげなく交わし
安心しました。
披露宴も、宴会芸の連続かと心配しましたが
大人びた感じで進行しました。

ひとつ肩の荷が下りた感じです。
これからの幸せを願うばかりです。
posted by 社長 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2013年08月27日

システィーナ礼拝堂500年祭記念ミケランジェロ展へ

システィーナ礼拝堂500年祭記念ミケランジェロ展.JPG

テレビですごい入りだと言うので
「システィーナ礼拝堂500年祭記念ミケランジェロ展」を
観賞してきました。

期待感いっぱいで行ったので
多少がっかりした部分も。
「天井画」の安っぽいコピーにがっかり。
「最後の審判」の解説は良かったけれど
新しい知識になることはありません。

「ダヴィデ」や「ピエタ」の実物大コピーもなく
(4メートルを超えるコピーを置けというのも無理な話なのかも。
それともシスティーナ礼拝堂とは関係ないからか?)

習作・素描・手紙のオンパレード。
これで満足できる方は
逆に「ミケランジェロ通」なのかもしれません。
私は、ど素人過ぎたみたい。

ミケランジェロの15歳での
デビュー作(?)と言われる「階段の聖母」は
日本初公開の作品だったので、
珍しいものを見させて頂いたという感じ。

でも、やっぱり「ミケランジェロ」は
すごいです。
「神のごとき」と言われる訳を感じられる空間でした。
1400円だから、親切な価格です。
どうぞ、まもなく、次に始まる
国立西洋美術館へどうぞ。

システィーナ礼拝堂500年祭記念展ならば
「ダビンチ展」や「ラファエロ展」が
どこかで開催されてるのでしょうか?
posted by 社長 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2013年08月22日

暑い夏も、処暑を過ぎれば

ハス.JPG夕焼けとハス.JPG

暑い夏も「処暑」を過ぎれば段々と
涼しくなるはず、と言われるがどうなんでしょう。
太陽が黄経150度に位置するのが
この「処暑」らしい。

24節気を覚えていれば、簡単なのでしょうが
処暑が何番目かは覚えてませんよね。

判るのは
0度は
当然「春分」ですよね。
90度は「夏至」
180度は「秋分」
270度は「冬至」なんと覚えやすかったこと。

ついでに、それぞれの間のド真ん中ということで
立春が315度
立夏が 45度
立秋が135度
立冬が225度
ココまでが簡単です。

だから、この「八節」の他は、この応用でしょうが
覚えておく必要もなかった。

で、便利なサイトを発見。
これです
納得しました。

写真は、この季節恒例の画像
「はす畑」のものです。



posted by 社長 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2013年07月22日

遠藤の立会い

ジオラマ風.JPG

大相撲では「稀勢の里」にはがっかりしました。
千秋楽であの相撲はないだろうと。
それゆえに「遠藤」が良く見えました。
あの四股とあの表情。
ちょっと余裕ありすぎで、観客の方を見すぎで
「小生意気」にも見えるのですが
大物という事で、OKか。
大事な一番を心得ています。

しかし、連日「立会い」が気になっていました。
相手が、腰をおろしているのに
大きく下がって、ゆっくり前に出て
腰をおろし、見合って自分の間で立つ。

幕内上位での対戦では、ちょっと出来ないのではないか。
アマの立会いのような気がするの私だけでしょうか。
親方衆から注意を受けたり、「まった」が多くなったりする
のではないでしょうか。

写真は、最近ではどのカメラにもついている
「ジオラマ風」撮影機能を使ったモノです。
動画でも撮れるから、なんとも便利というか飽きさせないというか。

posted by 社長 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2013年07月12日

この暑さ

海鳥.JPG

この暑さ、たまりません。
高校時代、部活動では「暑さ」なんて全く気にならなかった事に
いまさら驚きます。
水も与えられなかったのに
平気で、走れました。
だから、ニュースで見る
若者の熱中症は、信じられない。
おっちゃんには、理解不能です。
冷房と外気の温度差で、体がコントロール出来ないのでしょうか。


海に立つ鳥。
画像的には、涼しいそうです。

posted by 社長 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2013年07月03日

飛行機雲

飛行機雲.JPG

昨日、飛行機雲を見上げました。
やたら真っ直ぐに伸びる雲に見とれました。

一機だけ。
どこ行くかは知らないけれど
まるで、自分が描く飛行機雲を楽しんでいるかのようでした。

こんな天気ならパイロットは、さぞかし気持ちがいいでしょうね。

もうすぐ参議院選挙です。
事務所につめている方は
お祭りのごとく、盛り上がっているかと思います。
選挙事務所の前をほぼ毎日通りますが
どうなんだろう?
若い頃は、そのようなこともありましたが
今の自分は、この空のように
飛行機に落書きされても
一興かなと思えます。
世の中、大きく眺めてみるのもいいものです。

かぐや姫の歌に
「誰もが一度川の流れを変えてみたいと
 若く燃えたあの日の、、、」
若い世代の方々、頑張ってください。

そして、今日は雨。
posted by 社長 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2013年06月28日

光触媒の親水性は梅雨時に威力を発揮します

梅雨時になると、光触媒の親水性の効果がはっきりと確認できます。

ガラスに光触媒を塗布すると
水にたいへん馴染みやすい親水基(-OH)に覆われて
雨水が薄く広がります。
パンフレット等には、ガラス面と汚れの間に浸透するような
イメージ画で説明されています。
親水性とか超親水性と表現されます。
光触媒の親水性.gif

また、紫外線によりガラス面に活性酸素が発生し
ガラス面の有機物や細菌・カビ・汚れを分解します。

よって、汚れがキレイニなる。
それを光触媒のセルフクリーニング効果といいます。
親水性と分解力の合わせ技です。

外壁材も同じことです。



「当社では、ガラス面を磨き上げてコーティングしています」
と宣伝している業者さんがいますが
むしろ、磨き上げてコーティングしないと
光触媒が均一に広がりません。

磨き上げることは、当然なことでむしろ必要なこと。
全業社が行っていることです。

問題なのは
その光触媒の親水性・分解効果の持続性です。
何年持つの?

画像は、光触媒をコーティングして、5年経過した状態です。
年4回の清掃業者が入っていながら
光触媒の親水性・分解効果が持続しています。

施工するに当たっては
お値段はもちろん、何年効果があるのか
現場を見たほうがいいです。
業者によって、バラツキがあります。
posted by 社長 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2013年06月16日

「個」に思う

山法師の花.JPG

日本対ブラジル戦をテレビで見ました。
朝の4・5時でも、まったく眠気もないので
バッシと目覚めました。

やってくれるか!と言う期待感もありましたが
こうも「差」を見せ付けられては
「次は頑張って」としかいいようがございません。

「優勝」を目指しますの発言自体は
悪くはありません。むしろ、好きですその姿勢。
しかし、「差」が大きすぎます。

何を工夫すれば勝てるのか?
はたまた同点で追われるのか?
工夫(システムを含めた)で
何とかなるような「差」とは思えませんでした。

こりゃ大変です。
マスメディアも煽りすぎの感もあります。
ヨーロッパで活躍しても
「周りのおかげ」かもしれません。

「個」が大切なのは十分わかりました。
優れた「個」の集団でないと太刀打ちできません。
2人で囲んでも、突破され
2人で囲まれ、簡単に取られてしまう。
もっとすごいのは、日本がやるべきことを
ブラジルがいとも簡単にこなしている。

朝の6時から
不機嫌な自分がいました。
posted by 社長 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2013年06月13日

先っぽ禄剛崎

能登半島最先端.JPG

半島の先っぽを
○○崎とか□□岬とか名付けていますが
違いは何と思い海上保安庁のhpを見ました。
ココです

能登半島の先端は、禄剛崎です。
駐車場から、山道をちょこっと歩いてたどり着きますが
そのちょこっとがナカナカくせもので
帰路「まだありますか?」と3組に聞かれました。

先っぽ禄剛崎に立てば
180度以上水平線が見えて
地球が丸いことがわかります。

いつ来ても、爽快な気分になれて大好きです。

聞かれると言えば、
このゴジラ岩も小さくて
誰かがカメラを向けていないと、わからないようです。
「どれ?」「あれ」見たいな感じですが
確かに、形も皮ふ感もゴジラです。
ゴジラ岩.JPG

先っぽに話を戻しますが
「終点」とか「先っぽ」という所、行きたくなりませんか。
先っぽまでが途中で、とにかく先っぽまで行かねば気がすみません。
列車も「終点効果」で、終着駅が観光地になることが
多く見られます。
あの空海だって
室戸岬まで歩みます。
先っぽゆえに何かがあります。
それは、昇る太陽か沈む太陽に他ならないのでは。

ちなみに禄剛崎は
水平線から昇る陽、沈む陽の両方が見えることで有名です。
posted by 社長 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然