2014年01月25日

BSプレミアム ザ・タイガース 2013 LIVE in 東京ドーム

田の氷.JPG
ザ・タイガース 2013 LIVE in 東京ドーム
BSプレミアム 1月24日(金)〜1月24日(金) 21:00〜22:29
1967年にデビュー。「花の首飾り」「君だけに愛を」などの大ヒットでGSブームをリードしたザ・タイガース。今回は沢田研二、岸部一徳、森本太郎、瞳みのるに加え、ザ・タイガース最大のヒット曲「花の首飾り」のリードボーカルでもある加橋かつみも参加。解散以来初めてオリジナルメンバーが全員そろって再結成し、全国ツアーを行う。団塊の世代を中心に根強い人気を誇るスーパーバンド“ザ・タイガース”の今をお届けする。
【出演】ザ・タイガース          (NHKホームページより)

観ましたか。
私は、部屋の明かりを少し落として、ウイスキーを飲みながら観ました。
ジュリーは、随分と太っておられましたが
歌声は、全盛期より落ちたとはいえ、
さすがでした。
懐かしさと、彼らの頑張る姿で胸が熱くなりました。

メンバーの白髪に
それも悪くないな という気持ちになりました。
染めることが、タレントの業かと思っていました。
時間の経過、「花の首飾り」から39年
いい時間が過ぎたようです。
ザタイガースという過去と
今という時間の幅を
短くさせる、演出より
確実に時を感じさせる
白髪が心に何かを落としました。

自分史を書こうかと思ったら、何もなかった
という内容の川柳があったかと思いますが
ない人は、せめてこのような歌手とシンクロさせて
振り返るのもいいかもしれません。
あの時の自分と今の自分。

画像は、水田に張った氷です。
一面に氷でした。
posted by 社長 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2014年01月11日

ちょっと遅いのですが、明けましておめでとうございます。

26年初春.JPG

ちょっと遅いのですが
「明けましておめでとうございます」

皆様にとって、
平成26年が素晴らしい年になりますことを願っています。

賑やかな三が日が過ぎても
まだ正月気分が続いていました。
数の子を食べきったのが、8日。
お雑煮用のお餅にいたっては、まだ1食分あります。
雑煮は、丸餅で昆布・しいたけ・鰹でダシをとった
醤油仕立て。
他に、具がないので他県から比べると
どこか寂しい、侘しい感じがします。
この地域は、戦前から
もち米に不足していないので
同じ一杯を食するにも、「餅だけの贅沢さ」という
解釈でいいのでしょうか。

子供の頃は、タラやブリが丸ごと一本買われていました。
今では、誰もさばけないし、お店もいつでも開いているし
買う必要がありません。
なのに、年末買いすぎて
ずるずるとおせち料理を食べてしまっています。
「おせち買い過ぎるな!」と毎年妻に言ったり、言われたり。
全く、学習能力がありません。
貧乏性で、「無い」と不安なのかな。
それにしても、「餅」いつ食べる?
「今」ではありません。無理です。
posted by 社長 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2013年12月10日

もう誰も採りません

川に柿.JPG

「山里の 残された柿 何を見る」
誰も採りません。
山里に、柿がいっぱい生っています。
採る人、食べる人はどこへいったのでしょうか。

フルーツも多様化しスーパーへいけばいろいろあります。
「柿」ばかり食べていた懐かしい「秋」はもうありません。

「柿食えば」の俳句を理解できる人でさえも
今は遠い記憶の日本の風景のようです。

子供の頃、柿を良く食べました。
竹ざおの先に、十字に竹を挟み
さおを伸ばして、柿をはさんで採ったものです。
「ちょっと早かったね。今度また採るか」
「あっちの柿の木に行くか」
子供なりに、試行錯誤。

山里の残された「柿」をみてそんなことを思いました。
通り過ぎてく車が、不思議そうに徐行します。
何を撮影しているのかと。

たかが「柿」です。
されど、懐かしい情景を呼び覚ます「柿」です。
posted by 社長 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 歳時記

2013年11月23日

サイバーテロ防衛技術開発の実験施設は能美市にあります

能美市のサイバー防衛技術開発実験室.JPG

総務省の「サイバーテロ防衛技術開発の実験施設の建設が能美市で進んでいます。
私どもの「データ管理室」から歩いて1分で
建設現場が見られます。
地下からの配線用パイプの太いこと太いこと、、、、

さすがに基礎もすごい。
これだけ生コン打つのかと、感激しています。
さすが100億円の予算、、、、

3000台のサーバーで300万台相当のパソコンのネットワークをつくり
ウイルスをまき、感染経路の発見方法や対策方法を研究するというのですが
さっぱり、ど素人にはわかりません。

全国の各地の研究施設が対抗して、「赤組対白組」よろしくサイバー攻撃をしあって
その経過・結果をここで高い所から研究するのかと思っていましたが
ココだけで出来る自己完結型かい?

それにしても、能美市は
地震・津波に安全のようで企業の進出が続きます。
確かに、平野部は手取川の氾濫で古代より苦労してきていますが
丘陵地は、県内最古の旧石器時代の遺物や古墳が残っているように
天変地異の災害が少ないようです。

この国内最大のネットワーク施設で
国家レベルのサイバーテロ対策、セキュリティーシステムが
進むことを願っています。
そして、工事過程でも私ども野次馬を感動させて下さい。
すごい施設だと!!
posted by 社長 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 能美市のこと

2013年11月22日

ヒトの心はどう進化したのか

ヒトの心はどう進化したのか.JPG

『ヒトの心はどう進化したのか』
ちくま新書 鈴木光太郎著

「進化によって形成されるのは、実は生き物の身体的特徴だけではない。心も進化の産物なのである」という表紙の文章にひかれて、読みました。

「持久走などの長時間の有酸素運動を--苦しいものであるにかかわらず--快く感じさせるシステムがあるからである。それは、数百万年にわたって狩猟採取生活を営んできたことの結果であり、太古の祖先からの大いなる遺産である」
これは、自分も「習慣化・通常化」することを体験してきました。脳のなせる業であり、それを太古の祖先の生活遺産とは、考えたこともなかった。

「ホモ・サピエンスが、地球の隅々にまで生息範囲を広げたかについては(中略)ヒトの移動に『好奇心の強さ』を仮定するなら、つまりその移動が消極的ではなく、積極的な移動であったのだとすれば(略)」
積極的な移動という捉え方が、興味深いです。

上記以外にも
「神経線維のミエリン化」
「サリーとアンの課題」
「物理的因果を社会的因果として捉える傾向-心の理論」
「指差し-他者の視点に立つ」
「ゴシップと神の心」
「心の理論と文学」
というように、どんどん入り込んでいくので
実に面白い。そしてわかり易さこの上なし。
さては、ご自分の授業の必読書になっているのでは。

ぜひ、お時間があれば読んでみてください。
読書時間 約2時間半です。
posted by 社長 at 17:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 読後の感想

2013年11月17日

兼六園ライトアップ 秋の段

兼六園ライトアップ 秋の段を観に行きました。
やっぱり天下の名園は違います。
兼六園ライトアップ秋の段.JPG

「宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望」の六つを兼ね備えると言いますが
極力抑えられた人為的灯りの中で
「幽邃・蒼古・水泉」が心に届きます。
すごい事です。
そして、雪吊りの人為的直線が、すごく綺麗です。
地元でも、みんなが「綺麗だった」と言うとおり、一見の価値あり。

観光客の方もたいへん多く、中国語も英語も飛び交っていました。
また、カメラ撮影の方が多いこと多いこと
ほぼ全員がカメラ・スマホで撮影しているかと思うほどの場所もありました。

入場料が無料というのは、モッタイナイ。
通常料金の倍でも、私は入ります。
金沢は、「夜」を売りに出来ます。
金沢駅・21世紀美術館・茶屋街どこも絵になります。

兼六園ライトアップ秋.JPG
posted by 社長 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2013年11月01日

九谷陶芸村まつり25年秋・アンブレラ・スカイ・プロジェクト

九谷陶芸村まつり.JPG

仕事で九谷陶芸村へ行ったのですが
問屋街は通行止め状態。
道路上空は、傘がいっぱい。
310本が風に揺らいでいました。
メリーポピンズの集団みたいな・・・
青い空の下、気ままに浮かぶアンブレラ。
命があるかのように、揺れます。

地元新聞に掲載されていた
「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という
ポルトガル生まれの装飾らしい。

仕事を済ませ、貴社後すぐに
本場ポルトガル判「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」を
見る。(モッシュトラベルさんの親切なHPより)
本場ポルトガルのアンブレラ・スカイ・プロジェクト.jpg.jpg

流石に、傘の量が違うようですが、ここ九谷陶芸村の装飾でも
伝わります。

新聞によると九谷陶芸村の「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」は
北陸初だそうです。
一見の価値があります。

明日から、売り出し。
多くの方が来られる事を祈っています。
そして、問屋街の殺風景な道路を
劇的に変える「アンブレラ」に魅了されてください。

それと、「モッシュトラベル」のHPすごいですね。
綺麗ですね。
posted by 社長 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 能美市のこと

2013年10月18日

昨日の十三夜に思う

十三夜に思う.JPG

陰暦の九月13日の月。
十三夜。
陰暦の八月15日の月
いわゆる中秋の名月。

中秋の名月を見る人は、十三夜も見ないといけないそうです。

昨日の十三夜の月を仕事中に眺めました。
写真を撮るときも、あえて隅っこに月を置きました。
この間に、何かを感じたいと勝手に思いました。
何が、あったら絵になるか。
紅葉か竹林か、はたまた煙突か。

中国では、「十三夜の月」は無いそうです。
この、欠けたる月を愛でるのは、日本人だけのようです。
「二夜の月」「名残の月」「後の月」とも呼び
愛でる心に、日本人の姿が見えます。
何でもかんでも、「中国から」と云われりゃ
面白くも無いので、十三夜大好きです。

「泊まる気で ひとり来ませり 十三夜」蕪村

そして、月をゆっくり見たら
十五夜にない表情の月があります。
十三夜はすごい.JPG

月の欠けてる境界線の妙がすごいのです。
クレーターが浮かびあがります。

ひょっとしたら
先人は、私どもより視力がよく
この「妙」を楽しんだのかも知れません。

欠けたるモノに、想いを。
コスモスも折れたるものは
折れても花をつけます。
不完全の中に「心」を探ります。
欠けたる月に、想いを持つのもいいもです。

「足らざるを わが身に質す 十三夜」
posted by 社長 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 歳時記

2013年10月13日

秋空と紅葉と月

秋空と紅葉と月1.JPG

秋です。
アメリカフーの紅葉も、ずいぶんと進みました。
先端大学周辺は、もう秋色です。

「秋気」の言葉を思い出させる、清くさわやかな空気感が
心地よいです。
アメリカフーの葉の向こうに「月」
秋空と紅葉と月.JPG
深呼吸して、秋を味わいました。
「やぁ〜、生かされているわ。完全に、自然の下で生きている」
そんなことを想いながら、ぼーっと月を見つめました。
posted by 社長 at 20:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然

2013年10月06日

日本最古の文字須恵器

日本最古の文字須恵器の展示.JPG
日本最古の文字須恵器(刻書須恵器)が、私の住む能美市で
発見され、先日報道発表されました。
『刻まれた古代能美の文字と絵画-発見!-日本最古の文字須恵器』展が
能美市博物館で開催されています。

学芸員の山内さんが、丁寧に対話方式で説明してくれました。

ここからは、展示パネルからの引用です。

これまで、日本最古の文字須恵器は
堺市野々井25号墳、野洲市の桜生7号墳のそれぞれ6世紀の制作でしたが
展示されている能美市和田山23号墳は、5世紀後半と鑑定されました。

漢字そのもののは5世紀からとされ
「埼玉稲荷山古墳の辛亥銘鉄剣」471年
江田船山古墳の「治天下銘太刀」5世紀後半
などで見られます。

今回の文字は、「須恵器」に書かれて焼かれたものです。
発掘時はこのような埋められ方でした。
能美市博物館日本最古の.JPG二年刻須恵器高杯蓋.JPG未刻書須恵器壷.JPG

日本最古の文字須恵器.JPG
「二年」刻書須恵器高杯蓋
文字は、蓋を正位置の状態から90度起こして書者が縦書きに書きやすい位置
にしています。

日本最古の文字須恵器「未」.JPG
「未」刻書須恵器壺
体部の系が最大となる位置に、正位置で「未」(約2センチ)と読める文字が
一文字書かれています。

何故、「二年」や「未」なのか?
何処で焼かれたものなのか?興味は尽きません。

鑑賞中、隣県の富山県から歴史マニアの方が来ていました。
多くの方に、見て頂きたいと思います。
市民の方は、当然見とくべきです。

丁度「遷宮の年」。
古代や奈良・平安時代に興味を注ぐのもいいかもしれません。
posted by 社長 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 能美市のこと