2007年09月14日

光触媒はゆっくりと反応します。政治は急激に、、

senntannkenn pannfu3

前回のこの画像は
東京大学先端科学技術研究センターに置いてあった「はがきサイズのパンフ」です。

書いてある内容は
「秋葉原ユビキタス実証実験スペース」
「意識的・無意識的過程の科学的解明とその応用」
指で聞く「触知ボコーダ」
光触媒カーテンウォール散水システム」 等です。

さて、「光触媒」
最近、パナホームの光触媒外壁材がテレビCMされています。

光触媒は、実にゆっくりした化学反応です。
酸化分解力と親水性がウリです。

人が住む家ですから、まさか汚染物質が外壁を覆い尽くす程、大量にこびり付く環境ではないから、「壁はいつも綺麗になります」

外壁に着いたチリや汚れは分解され、親水性によりこびり付くこともなく、雨によって流れ落ちます。

光触媒の問題は、ここです。
分解スピードより、多くの有機物が付いた場合は、きれいになりません。

そして、「紫外線」が「光触媒」を稼働させるので、日当たりの悪い北側と南側では、効果の違いがあります。

光触媒の化学反応・効果は接触面で起きるのに、まるで怪しげなマイナスイオンみたいに空気中を掃除しまくるみたいな話をする方もいます。

それと「可視光型」
これも考えれば分かります。
それは、次回に。

安倍首相の辞意以来、ニュース番組は「首相論」に事欠きません。

「首相」ってどのような人間がなるべきか?

国家の一大事に「投手」と「党首」の駄洒落を云う政治家、それを笑って盛り上がる政治家達、、、

「政治家ごっこ」を見たような気になりました。

「自民党も病んでいるし、野党が政権をとっても野党内で「防衛・厚生」でバラバラになると思えてくるし、、」そのような声が多いのではないでしょうか?

政治はどうもテックニックになってしまっています。
野党は与党に対して、口撃します。まるでショーのように。

与党はピエロの様にあるときは、オドケまたあるときはトボケます。

国家の心配より、今の状況を「楽しい」という感情で過ごす政治家が多いのではないでしょうか。出番だ!出番!だと。
後で、ふるさとに帰った時「政権発足の裏話」を自慢げに語るんでしょう、、。

私は、「光触媒」を売る者です。
政治については、これだけ書くのがやっと。

これさえも、「政治性が出てきて、ダメだよ」とホームページドクターといわれる方々に指導されるのかな?

たまには、いいか。

posted by 社長 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 光触媒豆知識

2006年12月14日

よく質問されます!紫外線の方が赤外線より光の持つエネルギーが、、、

バラの造花

よく質問されます!紫外線の方が赤外線より光の持つエネルギーが大きいのに、魚が焼けないのは、なぜ?

最初に、これは、理屈抜きでしょうがないと諦めて、歴史年表の丸暗記の如く覚えてください。(藤原紀香と陣内の関係をなぜ?と思わない事のように)

アインシュタインは「光量子説」の中で「光電効果…真空状態の中で金属板に光を当てるとその金属の内の自由電子が外(金属の外)に飛び出してくる。光の色によって飛び出す電子の量が変わる」と説明しました。

そこには、俗っぽく言えば、こういうことが書かれてます。

 紫色の光が、赤より各段に多くの電子をたたき出すから、ビリヤードで例えたら、紫の玉はエネルギーがある!
虹の色を思い出して、赤、橙、黄、黄緑、緑、青、紫。
実は、この順で波長が長い事は以前から判明していました。誰が何を言っても(結婚ではなく←ヒツコイ)、赤色は波長が長い
波長が長ければ=周波数が低い。これも知っててね!

波長×周波数は一定だよ!

波長と周波数は反比例の関係ですよ

ここで、登場!
     E=hƒ
一個の光子エネルギー(E)=定数(h:プランクの定数)×周波数(ƒ)
周波数が大きいとエネルギーも大きい!

周波数は色のことでもあります。

焚き火をします。暖かいです!
けど、日焼けしません。
赤色の炎は、光子エネルギーが小さいんです。
けど、波長が長いから、モノに浸透し内部に進みます。これが、更に波長が長い遠赤外線になると、更に浸透しそして熱線の性質をも持ちます。

紫外線のエネルギーは大きいけれど、浸透しません。熱線ではなく、いわゆる化学線です

付け加えれば、先程、ビリヤードと書きましたが、光は粒です。(そんな粒、、漫画の太陽の絵で見たわ!ではなく、、、)
それが、「光の粒子説」です。光は粒子として活動すると考えました。
アインシュタインがです。
突飛ですが彼は、日本をどう思っていたか。ここへ飛んで見てください。来日時は「江戸のしぐさ」がまだ残る日本です。

posted by 社長 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 光触媒豆知識

2006年07月03日

光は難しいのだ!

いきなり朝刊に、
光を同時に二種当てて
デンプンを観察
すごいぞ、先端大学
と、言われても、、、


光

 『二つの光が混ざると、二つの光の振動数を足して合わせた「和周波」と呼ばれる、いわば光のハーモニーが出てくることが分かっている。今回、開発した顕微鏡では、目に見えない赤外光と、緑色に見える可視光を同時に入れて出てくる「和周波」だけ抽出して観察している』

この新聞の読者の何割が理解できたのだろうか?
すごい人が、どえらい顕微鏡で、ジャガイモの実を考えとる!
に変容しているのでは、、、
  (デンプン=ジャガイモぐらいの知識なら)
しかし、デンプン!太るぞ!で終わったり、、、

「光の振動数を足して、、、」ここで、文系の人間は、光が波であることに気づく。
「和周波」ここで、理系は悩む。
習ったか?いつから、常識に?
シュレーディンガー方程式なるものは、「どんな周期関数も単純な調和関数の和に等しい」といってるが、そのことか?
はたまた、「トーマス・ヤングの干渉・二重スリット」の事か
なんのなんの「波のただの重ね合わせの変位か」

それより「光が波なのか、粒子なのか、が先だろう」と思ったりもする。

新聞は、ある日突然、
常識をボーンと、出してくる。
朝刊で出されたら、
朝から、頭の中は運動会。
みんなの常識が、どこにあるのか?
自分の常識範囲がどこまでなのか、、、

朝一番、嫁さんが、新聞を見て言った。
『国男さん、また先端大で「光」やて。「和周波」やて。「相撲取り(力士のシコナ)」みたい』   

文系も理系もない、主婦系はすごい!
posted by 社長 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 光触媒豆知識

2005年12月27日

寒い中から

ロイヤルカサブランカ寒い中から、湯気が出る。


除雪作業で体があったまり、汗かきます。それで友人、、、寒くなったら外へ出て除雪すれば温まる、という安易な思考がカゼをひかせたらしい。


「じゃぁ、酒を飲んで温まったら」とご指導申し上げたら、もっとカゼがひどくなったと、電話してきた。「だからどうしろ、というの?」「一緒にもっと酒飲もう」「カゼうつる!却下」


それより、豆知識。(友達捨てて、ブログに走るのか!!と言われても)


「光触媒」には、「光」は欠かせません。「光」を説明するのに、アインシュタイン大先生がイヤでも、付いてきます。  


*.特殊相対性理論 *ブラウン運動 *光電効果 どれも大先生の有名な論文のテーマなんだけど、「光電効果」でノーベル物理学賞をとったらしい。


酸化チタンに光(紫外線)が当ると、なぜ触媒として稼働するのか。ラジオ・テレビの放送電波はなぜ家にやって来るのか?(サンタじゃあるまいし、やって来るはねぇだろう!)それらは、アインシュタイン大先生の「光電効果」の論文があればこそなんです。


「よし、次回から説明しよう」と今から、燃えています。。。


(でも正月やからなー。アインシュタインはややこしいしなー)今のところ燃えてます。


(「国家の品格」「下流社会」今のうちに読みたいなー)間もなく、鎮火しそうです。


 


 


 


 



 

posted by 社長 at 18:42| Comment(1) | 光触媒豆知識

2005年12月21日

白と赤

雪花
白い世界に結実した赤。綺麗ですね。ちょっとまじめに書かないと、この社長大丈夫?と思われるので、、


この前、光は「波」である、「電磁波」であると。


「波」には、4つの物理要素(物理量)があります。波長・速度・振幅・周波数です。そして、光の速度は約30万km/秒でしたね。波長×周波数=光の速度。よって周波数が低ければ波長が長いといううことですね。電車と車が等速で走ったら、お互い相手が止まっているように見えます。では、電磁波と同じ30万km/秒の速度で同一方向に突き進んだら、電磁波は止まって見える、、、実は見えないとの事。(そんなに速い乗り物がないからが理由ではないですよ!吉本じゃないのだから)計測者のスピードに関係なく、光の速度は常に30万km/秒との事。「光はそんな物だ」と。  「なんと大雑把な、そんなのでいいのか?!誰が結論付けたんだ!」と思ったあなたはある意味偉い。大変偉い。正義感に燃えている。でも「はい、アインシュタイン大先生です」という答えに 、水戸光圀の印籠をダブらせてしまう。(無言、、、)そしてその疑問は、彼が16歳やそこらで感じたとの事。(またしても無言)それを知った人々は、自分の頭脳の限界を知り、「物理学」から遁走するのです。 やっぱり「保健体育」だね、、、と笑顔で安楽の教科に疾走する。。マチガイナイ

posted by 社長 at 20:01| Comment(1) | 光触媒豆知識

2005年12月16日

HP案内役登場

「寝こたま」当社のマスコットに任命本棚に眠っていたネコを、「寝こたま」君と命名して、HPに登場させました。君も出世したものだ!。


今日は、光の話。光は波です、電磁波です。波長の長いものから、放送電波・VHF・UHF・SHF・マイクロ波・赤外線・可視光線(赤・橙・黄・緑・青・紫)・紫外線・エックス線・アルファ線になります。波長が短いほどエネルギーが大きいことは,解りますよね?でないとテレビ電波で死んでしまいますよね。でも進む速さは一緒です。いわゆる光速(毎秒約30万km)。光速を波長で割ったら周波数が出ます。今ちょっと疑問が生まれました。宇宙戦艦ヤマトの波動砲。あれなんでしたっけ?大学時代あの映画で泣けましたけど、4年ほど前、レンタルビデオで息子と見ましたが、泣けませんでした。息子も「父さん、これで泣けたんか?純粋なのか、娯楽の不足か??」と考え込んでいました。


戻って、戻って。


光が見せる虹と携帯電話やテレビの電波が仲間とは、ちょっと意外でしたか。


光触媒は、その中の紫外線で稼働します。



 

posted by 社長 at 20:04| Comment(0) | 光触媒豆知識