2009年12月06日

ナノイーとプラズマクラスターは、どう違う

ナノイー除菌とプラズマクラスターは、違うのか?
消費者は、惑います。
ナノイーとプラズマクラスターを用いた空気清浄機を再考してみよう。

先ずは、
ナノイー。
宣伝文句
「ナノイーは水に包まれたイオン」
「ナノイーは、水に溶けにくい酸素や窒素とは、結合せず、ウイルスにしっかり届き、無力化します」(「空気イオンは空気中に多い酸素や窒素と結合するので、ウイルスに届きにくい」)

プラズマクラスター
宣伝文句
「自然界にあるのと同じ+と−イオンをプラズマ放電により作り出し放出」
 (電荷したイオン=クラスターイオンだから名前の由来はこれでしょうね)
「それぞれのイオンが水分子に包まれているので長寿命」
「カビ菌やウイルスの表面に付着した時のみ非常に酸化力の強いOHラジカルに変化」


「ナノイーは、水に包まれたOHラジカルを放出し、ウイルスから水素を抜き取り、ウイルスのタンパク質を変性させ、無力化する」

「プラズマクラスターは、水に包まれたプラスイオン、マイナスイオンそれぞれがカビ菌やウイルスの表面に付着し、そこでOHラジカルになり以降は、ナノイーと同じで水になる」

いまさら、「OHラジカル」が「活性酸素種」であることや「ヒドロキシルラジカル」のこと、そして酸素をめぐる「スーパーオキシドイオン」との関係も書かれていません。

あれだけ体内効果で嫌われた「活性酸素種」ではありますが、量的に微量で特に問題になりませんが、あえてカタログに書かないメーカーの姿勢が興味深いです。

もうひとつ、この「OHラジカル」が、有機化合物と反応したとき、酸素がある場合、この過程で有機化合物の「中間体のラジカル」と、酸素分子とがラジカル反応を起こし、酸素を消費することもあると思われます。やがて、有機化合物は最終局面で「水と二酸化炭素」になると思われます。
カタログでは、「酸素の消費」「二酸化炭素の発生」はイメージが悪いのか書かれません。

ついでに、室内で起こっているのは、「酸化反応」ばかりではなく、当然、対(つい)になって「還元反応」も生じています。

ナノイーもプラズマクラスターともに、「加湿」状態が必要ですし、加湿状態にします。

ウイルス自体は、もちろん加湿状態を嫌います。
浮遊するウイルスであれ、花粉であれ加湿状態では水に衝突し重くなり、墜落します。

そこで、パナソニックは考えた。
床上30cmの吸引。確かに、菌や花粉は床に近い程多いし、
しかも、ナノイーで墜落途中もあろう。
ここで捕まえる。実に理論的であります。

そして、
ナノイーは、「水タンク」が不要であります。

ナノイーもプラズマクラスターも
分解力があります。
反面、分解途中の科学物質については
考えていません。
仮に、これが強力すぎると人体に多大な影響が出ることもあります。
必要以上の分解力は、家庭では必要ありません。
丁度いい、空気清浄機として存在しているようです。

最近、「ナノイー」の宣伝が多いことに気づきます。
パナソニックもシャープを意識した、宣伝になっているように思います。
やっぱり、パナソニックは後からから一気に抜き去る昔のイメージのまま。
上手ですね。
この「ナノイー対プラズマクラスター」実に興味深いです。

生活環境は、対ウイルスにおいて湿度管理の時代に入りました。
だから、プリザーブドフラワーが長持ちするお部屋環境は、対ウイルスに弱いと思っています。

付け加えて
光触媒は、
「ナノイー」「プラズマクラスター」と同様な化学反応を表面で起こしています。
ただ、空中に向けて放たれません。逆に、ウイルスが衝突して付着することで効果が得られます。室内の空気が微弱でも対流しているので、効果があります。しかし、反応する表面積がすべての鍵を握ります。
このお花が、確実にお部屋の空気を綺麗にしますは、チョット危険な広告です。

また、ナノイーもプラズマクラスターも
あくまでも、小さな枠内での分析結果であり
室内の広さ・そこに漂うモノの多様性にどう反応するかは
全く別。
ありとあらゆる有機物が、分解対象物であることを
お忘れなく。敵も味方も分解対象物です。

2009年02月18日

花粉症 プラズマクライスターイオン

二月白山

花粉症には、空気清浄機です。
夜、すごく楽です。眠れます。
(昨年の体験ですが)「
部屋に浮遊している花粉を吸い込んで、空気清浄機内で吸着しています。
ついでに、空気清浄機内で分解すれば尚良し。


ただし、サイズが大きいのではないか。
花粉のサイズは、10マイクロメートル位か
ウィルスなら30ナノメートル位
単位が違います。10の二乗も違います。
花粉やダニの糞は大きく、分解には時間が掛かりますから。

ここで、シャープの
プラズマクライスターイオン(除菌イオン)の話。
実は私、理解できません。理解できていません。

常識を超えていませんか?

シャープによると
「ダニのふん・死骸などの浮遊アレル物質のたんぱく質を切断して除去、作用を低減させる」そして、浮遊数の減少グラフを添付。

それは、浮遊しながら分解して無くしているのか?
   であるなら、分解途中の物を人は吸い込まないのか?
   瞬時に分解するなら、特にプラス型を吸い込んだら人体への異常は無いのか?

墜落しているだけではないか?
   であるなら、プラズマクラスターイオン1個で花粉1個を分解できるのか?
   1個で無理なら墜落して次から次へとプラズマクライスターイオンが接触してくるのか?
    であるなら、浮遊していても次から次へと接触して質量が増えていづれ墜落するが
    やはり、墜落?

プラズマイオンは発生から何秒存在するであろうか?何分も電化的にプラス状態マイナス状態を維持できるのであろうか?なぜ、お隣同士すぐに結合しないのであろうか?静電気等に呼び込まれないのであろうか?
それと、なぜ何も施さない状態のデーターを載せないのだろうか?
ほっといても浮遊数は減ります。床に壁に、付着するのもあるのでは?
吸気で機械内に入り、吸着してる数の方が多いのではないか?

シャープは宣伝が上手い。
プラズマクライスターイオンは、白血球から考えられたように宣伝していますが、やはりOHラジカル・オゾンから考えたとするのが、普通。消費者向けのイメージ戦略のために、医学の応用と思わせるCMがつくられていると思う。実に上手い。

でも、これを冷蔵庫内で使用するのは、すごいと思います。
狭く閉ざされた空間なら、効果あると思います。

2009年02月17日

空気清浄機を比較して下さい。でシャープ・プラズマクラスター他

空気清浄

なぜか「空気清浄機」を比較して解説して、という要望があります。

先ずは、
最新の空気清浄機は、加湿と空気清浄がひとつになったタイプが多いのでそれを比較します。
そして、
どこで、空気を清浄するのか?をタイプ分けしました。

ダイキン工業 本体内フイルター分解浄化型
  「クリアフォース」加湿・除湿・脱臭・集塵
  光触媒とストリーマ脱臭触媒という装置を内蔵し、浄化させて排気
  
  加湿フィルターはおよそ4週間に1度お手入れ。新しいフィルターと交換は24ヶ月(約2年)が交換の目安。



パナソニック 「ナノイー」空中浄化と本体内フイルター浄化  ナノイー
ナノイーは、スチームの約10億分の1(体積比)の微細なイオン。通常のマイナスイオンの約1000倍(体積比)の水分につつまれていますので、効果も長持ち。しかもお肌にやさしい弱酸性のイオンです。
   気流ロボットとニオイセンサー
     上部排気口から上方気流と前方気流を組み合わせによるナノイー放出と両側部と前部からの吸引
高性能集じんフィルター・スーパーアレルバスターで花粉をはじめとする17種類のアレル物質を抑制。集じんフィルターは10年間交換が不要
フィルター部分は立体編物ダブルラッシェル素材採用。
加湿フィルターは、お手入れは月1回の押し洗いだけで目づまりによるパワーダウンを抑え、清潔を保ちます。また、摩耗に強い素材なので繰り返し洗っても丈夫で長持ち。約10年で(120ヶ月)交換



日立 「イオンミスト」空中浄化と本体内フイルター分解浄化HEPAフィルター アレルオフ成分を使用
 脱臭フィルター シーキュラスで物理的・化学的に吸収し、ホルムアルデヒドを吸着する特殊活性炭でも吸着、ナノチタン触媒で分解
アレルオフイオンにうるおいが加わったイオンミストが冬の乾燥したお部屋のすみずみまで届いて、快適湿度約50%にコントロール。ウイルスの活動も抑えます。OHラジカルの効果。
フィルターは8年〜10年で交換。

シャープ 高濃度「プラズマクラスター」空中浄化と本体内フィルター浄化
自然界にあるのと同じ+と−イオンをプラズマ放電により作り出し放出。浮遊するカビ菌やウイルスを空中で分解・除去するシャープ独自の空中除菌技術が「プラズマクラスター」
背面全体で吸い込む「背面グリッド」機構
HEPAフィルターで吸着

集塵フイルターは約10年、洗える脱臭フィルターは交換不要
加湿フイルター2年

ここで考えて見ます。
空中浄化は、パナソニック「ナノイー」、日立「イオンミスト」そしてシャープ「プラズマクラスター」です。
ひところ、マイナスイオンという言葉が流行って、東京都生活文化局消費生活部取引指導課が2006年11月が、警鐘しました。
流石に、マイナスイオンは死語となりつつあります。(ドライヤー等は存在しています)

今回のパナソニックと日立は、加湿を考えると「OHラジカル」を使うしか手が無いので、類似しているようです。そして、シャープもやはりこれの延長で「OHラジカル」から離れていません。(他の手段では、オゾンか?これは分解しているのか、麻痺させてるのか、分からなくなる可能性あるよね)


水のミストに酸化力を持たせて空中に放つ。さて、生活空間でどうなるか?最悪でも、空気中のホコリや匂い分子に激突して落下させることは出来る。だが、無菌には絶対になりえません。湿度を必要以上あげてしまうことになります。落ちた物は小まめに掃除機で(笑い、、、)しかし、漂っているよりいいですよね。

本体で、吸着させているのが
パナソニックとシャープ。
吸着しそこで分解しているのが
ダイキンと日立です。

吸着は、フイルターの性能しだいですね。

さて、皆さんがよく間違えるのは
これらが「空気清浄機」であって「脱臭機」ではないということです。

これで、お部屋の匂いが消えるかといったら
そりゃ無理です。メーカーが可愛そうです。
ましてや、当たり前ですが匂いの元が存在したままでは、無理です。

ホコリ・花粉と匂い分子では、サイズが違います。人が感じる臭いであれば、量も多いと思います。
サイズが大きいと分解に時間が掛かる。小さいとフイルターに掛からない。
また、本体内での空気の通過経路での匂いの付着や、仮に分解するにしても、分解途中で出来る物質が放出されることもあります。それは、仕方ありません。
無差別に吸着し、無差別に分解し、こいつは分子構造が複雑だから丁寧に分解というわけには、、、。

ただ、これからのシーズン、花粉症対策にはいいですね。
花粉のサイズが20〜40um、日立のHEPAの孔は0.3umだから確実にキャッチします。他社も確実にキャッチし、放出しません。吸着力です。
むしろ吸気能力が問題となります。そして部屋中の空気対流をどうするかです。

置き場所も考えるべきですね。

おさらい。
空中分解力はシャープという市場の評価。
ただし、加湿型の品はどれも落下させることは出来る。(ホコリ花粉の量的な意味で全ては無理ですが)
次に吸い込む=吸気能力はパナソニック
次に吸着力=フィルターの性能
本体内分解力=日立というイメージ

でも、加湿機を別にしたらどうなるのだろう?

加湿したモノを吸気するから、壊れやすいのでは、と思った貴方、日本のメーカーを信じましょう。

湿気で部屋が澄んでいるように感じるだけでは、と思った貴方、科学を信じましょう。

OHラジカルの状態が、そんなに長く続くのか、と思った貴方、
やや正解。でも出来るんです。

ホルムアルデヒドも綺麗に、と思った貴方、たぶん無理とお答えしときます。元がどこかにあるから、部屋に存在するから。

そして、忘れてならないのが、脱臭機。

2007年05月05日

光触媒・可視光・色・マゼンタとシアンのお話

マゼンタとシアン

光触媒の話をすると、前回の「虹」の話から「色」の話へと進んでいってしまいます。

プリンターを考えてください。
何色で鮮明な色を出しますか?

多くは「マゼンタ(赤紫)」「シアン(青緑)」「イエロー」を搭載します。これら全部を混ぜると「黒」になりますが、完全な黒でないために、あえて「黒」を単独で搭載します。

絵の具は、混ぜる事によってどんどん暗くなります。
これを「減色混合」といいます。

ところが光による色は、
RGBの三原色で、多くの色を表現します。(眼に飛び込んでくる)
R=red(赤) G=grenn(緑) B=blue(青)
R+B=マゼンタ G+B=シアン R+G=イエロー
これらを混ぜると 「白」になります。

これを「加色混合」といいます

   テレビとかの発色がこれです。
  勿論「黒」は何も光っていません。

「減色混合」と「加色混合」面白いですね。知っていても、プリンターと光比べて考えないですよね。では、また。

2007年04月28日

CDの虹はどうして

CDの虹

光触媒で「光」の紫外線の話をする時、ニュートンでお馴染みのプリズムを用いますが、決まって何人かが「CDの虹」を質問してきます。

だから私も、最近、プリズムとCD両方で解説するようにしています。

実は、こう考えるより仕方ない。
CDの溝によって太陽光が回析してしまう。偶然、波長が合ってしまっている。ということか。御互い交錯し干渉し合い、特定の角度でのみ特定の波長(色)が見えると。
でなければ、CDは意図的に回析するように計算されている事になる。

人間の眼は、すごいですよね と思ってはいけない。
人間の視点(色感覚)は、全ての生き物に共通ではありません。勿論、人間が作った看板やら印刷物・絵画が他の生物に同じように見えてはいません。

このCDのように、角度(目線)によっても変わります。

色とは、複雑なものです。

2007年01月07日

光触媒を日夜考える男は、「光」の文字だけで、行動を起こす「花王 ソフィーナ レイシャス 光パウダー」

ソフィーナ レイシャス

男には解からない世界。
花王 ソフィーナ レイシャス パーフェクトアングルパウダー ファンデーション

(もう二度と書きたくないので、コピーペイスト)

これを嫁に買ってやった。イヤ、買う羽目になった。

「光」と名のつく技術を知らないと「光触媒」を売ってる者としては、マズイ。この長ったらしい『花王 ソフィーナ レイシャス パーフェクトアングルパウダー ファンデーション』は
「光パウダー」と呼ばれています。

どこがすごいかって、、
超臨界技術で有機物不要の工程で製造しています。よって製造時間も短くして、廃棄物処理の費用も少なくし、有機物を蒸発させる際に出来る粉体をなくすので、ムラのない粒子が出来ます。

学んでから、光と関係ない事が解かりましたが、嫁にその事を話したら、是非試したいと、、、「君は、○○堂のエリク××では、、」といっても聞かない、、、で買う羽目に。

早速、売り場に
  売子「何をお探しですか?」
     私 「光パウダーのファンデーション」
  売子「えっ!知ってるんですか?」
     私 「はい、超臨界二酸化炭素の光パウダーですよね」
  売子「私達より詳しそうですよね?ムラにならないんです」
     私 「そうですか、ここから妻が、、、、」

と言う事で、椅子に私も座り嫁の顔を覗き込む。
(目のやり場がないので、こうなる、、)

化粧を落とす、脱脂綿に感動し、(魔法の液か!よく落ちる)
ファンデーションの下に、クリームを塗るのに驚き、、、(妻はりッキッドタイプが嫌いらしい)   ま〜大変。

ともかく、買いました。(買わせていただきました)
嫁の感想「すごい!滑らかで均一!」
しかし、このままでは、「気が治まらない。光触媒との関係」

あった

成分欄に「酸化チタン」 エライ!「安全な物質の証明」

「良かったね!」嫁の一語に
嬉しいやら、チョット憎ったらしいやら、、、

2006年08月04日

ホワイトボードを消した後の黒い粉がいやなので、チョークレスボードを使ってみます

チョークレスボード

 このパイロットのチョークレスボードは、子供が使っている落書きボードの親分(大きいものの意味)みたいなもので、便利です。当然、チョークレスボードの使用可能回数は、子供の品とは違い3万回らしい。仕組みは、パイロットに聞いてくれ!では、「窓から先端大」の名が廃る、、、

 このチョークレスボードは磁気パネルに内包されている2色に塗り分けられた磁石粒子を、ペンチップ(ペンの先)やイレーザー(黒板消し)に内蔵された磁石によって反転させることにより文字や線を消します。、、と書いてある。ペンがN極で黒板けしがS極なのだ。パネルの磁石粒子のS極はペンに引かれるので白色。逆に黒板消しに引かれる粒子N極は緑色。
 単純と言えば単純だが、よく磁気粒子を2色に塗り分けられた、と感心するのは私だけか。チョークレスボードが他社から出ないのは、その辺の特許のからみか?

 だが、今までのホワイトボードは、なぜ消せる?答えは、パイロットではなく、ぺんてるさんに。

 これまた、理屈は簡単。でもあの粉(消し粉と云うらしい)は「剥離材と着色剤・樹脂」なのか?

 とにかく、室内ががホワイトボードの消し粉で汚れるのがイヤだ。光触媒は有機物なら何でも分解するが、消し粉が何なのかわからない以上、使わない。これで一安心。

 当社は、完璧までとはいえませんが、大変綺麗な施設で「光触媒造花・光のフローラシリーズ」を製作しています。たぶん、同業者の方々には想像できない環境かと思います。

 いい環境条件で、最高の光触媒造花を製作することを目指しています。

2006年07月28日

地域おこし 地域活性化 このままでは、現状も維持できないよ、、

山中温泉 ゆげ街道   山中温泉 ゆげ街道  山中温泉 ゆげ街道 

 「地域おこし 地域活性化」叫んでも、、

 山中温泉は、「ゆげ街道」なるそぞろ歩きの町並みを形成中。「ゆげ街道」といえば、「ゆげ」が見える、草津や別府の風景想像するんだけど、ここの「ゆげ街道」は、湯気がない。各商店が本業以外の一品を陳列もしくは販売している通り。「ゆげ街道」ではなく、もっと違うネーミングの方がいいと思うんだが、、、よくあるのが「楽市楽座」「朝市通り」。山中節でも聞こえてくるような情緒は、まだないが、「ワスレシャンスな通り」なんか「シャンゼリゼ通り」みたいでよくないか?情緒がない?すいません。

 さて、わが市。どうしたものか? 「温泉街2軒(たがわ竜泉閣・まつざき)」幸いにもいい旅館ではあるが、、山の中にあるわけでもなく、ロケーションがイマイチ。丘陵公園、動物園もある。県内最大のレジャーランドもある。なぜ、、、どれも全国的知名度が低いから。知名度は努力して高めるモノでしょう。と言われるのがオチ。
 それに、観光や商業の町ではなく「工場の町」になった感がある。ソニー、東レ、東芝、コマツ下請企業群、繊維の小松精練、あるよねー、すごいよねー。税収もあって、いいよねー。
 「九谷焼」産業もあるが、結構ひどいみたい。「九谷焼」は当地だけなんだから、やり方しだいでは、生き延びる会社が絶対いる。ただ、自分が宣伝をしても、独占できるわけでもなく、協同組合から脱しきれないよね。カタログだって自社だけでは無理。けど、HP見ててもチョット時流に乗り遅れている感がある。父ちゃん母ちゃんでこじんまりと卸業を営んでいれば十分食べられるという方向なのか、それが伝統産業を守ることなのだろうか?本当に、行政は何もしてあげれないのであろうか。

 なんか、くすぶるだけで終わるんだよね、、、地域おこし、地域活性化はそんなモノ。ある意味地域間の競争だから、少数の勝ち組と大多数の負け組みが出るのが当然。
 わが市は、「工業の町」で勝ち組。道路も物資運搬用に作って「建設も」やっていけるか、、そうは行かない。
 「工業の町だけで」終わるような気がする。

山中「ゆげ街道」にある商品です。

光触媒造花と山中塗


 山中塗調の粉ね鉢にアレンジしました。
造花のことなら 緑栄yahoo店まで

2006年06月30日

山中温泉で光触媒の宣伝

山中温泉は、
「山中や菊は手折らじ湯のにほい」松尾芭蕉の句と
  「忘れしゃんすな山中道を 東ゃ松山西ゃ薬師、、」の日本一の温泉民謡山中節の土地です


くぼで5

 で、(何が「で」なのか分からない人は、昨日のブログを)「くぼで」さんのお世話になります
光触媒「光のフローラ」 が、当地のお土産になるよう頑張ります。

 ところで、山中温泉のマンホールは、


   山中温泉マンホール

こんなんでした

こんなんでしたと言われても、と言う方のために
こおろぎ橋と鶴の絵柄でした
「こおろぎ橋」と言えば女優樋口可南子
TBS系列ポーラ提供昼ドラ「こおろぎ橋」の主人公でデビュー
主題歌もよかった。「人と人が めぐり会って、心を少し重ねたとき、、織り成す、、」
 それはさておき、、、(勝手に書いているんですが)
今、観光地はどこも、たいへん。こうなれば、NHKの朝の連続ドラマの舞台に成るしかない。今年の夏、能登は、「釣りバカ」で全国に
歌もいい。「金沢望郷歌」のようにロングヒットなら、、

 


先端大の夜

 こうして、低レベルなブログを書いている時でも、北陸先端科学技術大学院大学の窓からは、煌々と灯りがこぼれている。天才達は、時間の感覚が無いのか、はたまた集中度が違うのか、、、、今朝先端大からの階段で「一人で笑いながら降りてくる若者」を見た。見てしまった。きっと大発見でもしたんだろう、したに違いない。しててくれ!、、、

金曜の夜、疲れた私はブログで一息、、、

「山中の 川に流れし 病葉(わくらば)は 古(いにしえ)からの 栄枯盛衰」  (自作)


 観光も、いい時もあれば、悪い時もある、よく言われる「一周遅れのトップランナー」になる事も、、山中温泉1300年の歴史、、