2010年11月08日

燃える秋

IMG蔵.JPG

昨日、好天の中を妻と散歩。
2時間ばかり、ゆっくりと秋を堪能。
そこで、立ち止まってこの写真。

燃えるような紅葉。
綺麗としか言いようがない。

西行は
あの有名な三夕の歌として知られる
「さびしさは その色としもなかりけり まき立つ山の秋の夕暮れ」と読んでいますが
その「まき」とは「真木」で「常緑樹」

片や、落葉樹のこの紅葉。

日本ですね。いいですね。
今年は、紅葉が見事です。

そんなのんきな気分の日曜日のあと
今日になって、
人民日報の論説で「米国の通貨緩和措置は、本質的にマネーサプライの野放しの拡大であり、間接的な為替操作と同じだという中国の大学教授の主張」を掲載。

「通貨戦争」なる言葉が、メディアに起こってきています。

景気のいい国、中国やドイツはしたたかに批判をします。

中間選挙に敗れてオバマは、より国内景気に目を向けざるを得ない今
中国元に対して、何か発言するときがそう遠くない、と感じた中国が
先に「ひとこと」申し上げたのでしょうね。

で、わが国日本は、どうされるおつもりなのでしょうか。
posted by 社長 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2010年11月06日

尖閣問題と大和魂

篭の花.JPG

「かくすれば かくなるものと 知りながら
            やむにやまれぬ 大和魂」
   


   尖閣のビデオが話題になっています。
   話題というより、問題となっていますね。

上の歌を思い出しました。
勿論、吉田松陰の作であります。

「sengoku38」の思いが、大和魂からくるものなのか、職業の自負からくるものなのか、本人のみぞ知ることで、今は当然不明。
「38」と付けるところに、この人のこの人たる「色」が出ているように思います。

政治家もこの問題で、色分けできそうです。

なんだか、政治家一人ひとりの「志(こころざし)」を問う機会になっているように思います。

これは、辛いですよね。
「志」は懐に深く置いとくもので、言葉に出して動くと
「志=本性」に変換されて報道されてしまいます。

明るい話題は、何か無いものかと探したくなりますね。

ついでなのですが
吉田松陰は、のちに明治政府から「正四位」を贈位されますが、この「正四位」は「坂本竜馬」と同じです。明治政府は 「毛利元就」に「正一位」を送っています。どこまで遡るのだと思いませんか。
posted by 社長 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2010年10月18日

能登島水族館 雑感

能登島水族館ジンベザメ

能登島水族館に「ジンベイザメ」が来たというので
見学に行きました。
「ジンベイザメ館 青の世界」
確かに、青の世界でした。

改めて、魚たちの動きに感動しました。
なぜ、ちょっとくねらすだけで、こうもスピードが出るのでしょうか。


能登島水族館6

イルカショーも、なかなかのものです。
こども達の歓声が、心地よいですね。

能登島水族館4

「クラゲの世界」も綺麗でした。
色が凄い。海中でこの色は、なんの役に立つのでしょうか?
この色である必然性は、何なのだろう。


能登島水族館7

車椅子に奥様を乗せた老夫婦が
イルカに見入っていました。

あったかい会話が聞こえてきました。

いい夫婦のように思えました。

こども達の歓声のあと
目にした老夫婦のしぐさに、
自分たち夫婦を省(かえり)みました。

幼き者たちへの水族館で
老いた者たちが、物静かに見上げる水槽。
それを知ってか知らずか、疾走するイルカ。

絵になっていました。
posted by 社長 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2010年10月17日

鬼門 あなたは今日

能登島1

右手に七尾市
左手に加賀屋の和倉温泉

この橋は、能登島大橋。

私と妻がいつも気まずくなる、鬼門の橋です。

「結婚前、ここで、弁当食べたよね!」
「また、言うとる!向こう側じゃ!」
「あんたじゃなかった?」

そして、このゲートが

何番目なの


解かりますか?
ではアップで。

あなたは今日

「あなたは今日 2180 台目の来町車です」


これだけで、二人の会話が急に明るくなります。

「49番目とか7979番目だとイヤだよね」
「縁起の悪い数は、飛ばしているのかな」
「純粋な通行量だから、縁起関係ないよね」

「2180番目、バスも数えているから、島の人たちより
来島者おおいよね」

「なんかいい数字!」

「でも、水族館混雑してそう、、」

「この数字に何の意味があるの」

「淋しくないように、あなただけではないと。多いときは、ほらこんなに賑やか!」

「帰り道、振り向いて、数字見ようか!」

などと、年老いた二人が28年前のデートを忘れ
はしゃぐのでした。
posted by 社長 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2010年10月11日

中国とノルウェー

ウエディングブーケ

中国に結婚式場を展開する企業があります。
日本式をそのまま中国に入れ込んで入るようです。
チャペルや中国式会場で結婚式を挙げ、披露宴会場へ。

その会社の社長さんにお会いして
いろいろ雑談やら何やらお話した事があります。

その会社は、日本では
会場こそ自前ですが、花屋さんもギフト屋さんも写真屋さんも
外注です。制服を貸与しています。
料理は自前のようでしたが、、

「システム」やな、、と納得したり、、
どこか寂しかったり。

中国と日本の関係が微妙な時に、
元の切り上げが叫ばれる中で、
万博の成功を高らかに叫ぶ今、
あの「ノーベル平和賞」です。

中国も怖いが、欧米も怖いですね。
絶妙な恐ろしいタイミングです。


ノルウェー相手では、中国は人権について言い返せない。
何せ、ノルウェーは、世界有数の「男女平等国家」
王国であることを批判しても、
実に民主的な国家であり、王様は象徴的存在。
世界中にこのような国家は
英国も含め20ヵ国以上もあり
中国が、「王国」批判をすれば、敵を作ってしまう。

  ついでに王女 マッタ=ルイーセ は国民的人気。

「ノーベル賞委員会」が独立機関と云っても
中国が「はい、そうですか?」とはいかない。

「ノーベル賞」が「ダイナマイト」より
国家を揺るがすとは、、

しかし、ノルウェー王室も気を使ってか
現在のHPのトップ画像は
「上海万博見学の写真」

どこの国も、、、難しい。

一体、どっちなのだ!と言いたいが、世の中そんなモノですね。

写真は、当社のウエディングブーケです。
posted by 社長 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2010年10月09日

ラスクに金箔は不要

ラスクに金箔は不要でしょう

金沢の新名菓に、「ラスクに金箔を散りばめた」品があります。

チョットやりすぎと思うのは、私だけなのでしょうか?
いくら金沢が金箔の産地と言えど
ここまで、やる必要があるのでしょうか?

お酒の金箔入りなら、祝い事にという理由で
何とか納得できますが、
「ラスク」は違うような気がします。

金箔が美容にも健康にもいいというので
ラスクに散りばめる?

米一粒、一粒の年貢の集積が加賀百万石なれば
大切な「心・もったいない」があると思う。
そして一方で、武士達の「みえ」もあると思いますが
その、「もったいない」と「みえ」のバランスが
必要だと思います。

「武家文化」が加賀百万石の真ん中なら
この「ラスク」は商人根性そのまま。
「金澤」ではない。

また、加賀には、仏壇以外で「金」のイメージはない。

金からできる金箔を、食すると言うのは
全く違うと思う。

加賀の食文化は、そこまで下品ではない。
味と素材、せめてパッケージで勝負して欲しい。

雅子様の調度品に
金箔の箪笥を用意した金沢の家具屋さんが
ヒンシュクをかったように
どこかで、線引きしないと
何でも、金箔がのってしまう。

ただ、乗せる事がどうなのか?と言う事。
思いつくヒトは、いただろうが、
「そこまでやるか?」と躊躇したかも。

と、ラスクを食べながら思いました。
このラスク、金箔が乗ってなくても
十分、美味しい。
posted by 社長 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2010年10月06日

雨晴海岸と金沢の宿 ポンギー

風の強い日に
「雨晴海岸」まで行ってみました。

写真をこのように撮りました。

ところが、撮影会をやっているようで
雨晴海岸


よく観ると、皆さん「縦」にして撮っていました。
こんな感じ。

雨晴海岸2

確かに、横は工場地帯の煙突が見えるし
他にも、生活観のある風景画見えます。

「潮」の香りが凄くて、シャツが塩分たっぷりの
新素材になりました。

雨晴海岸3

この写真も雨晴海岸で。
海には、何でも漂着したり、置き忘れていたり
「捨てる・忘れる」のイメージがあります。

秋空の下に、こんな大きなモノが置き去りにされていました。
置いてあるにしては、実に手抜きな状態。

なんかいい写真!と勝手に思いました。

話かわって、
金沢にこんな宿がありました。
一泊 2600円。
「ゲストハウス ポンギー」

全国を旅し続けている方には
最高のお宿らしい。
「ユースホステル」型なのかな?


Pongyi ポンギーについて
Pongyiは、2009年6月にオープンしたばかりの、金沢の町家(築100年の呉服屋さん)を改修したゲストハウスです。家の中に土蔵がある鞍月用水沿いの町家で、金沢の情緒を気楽に満喫していただけることと思います。

金沢駅から徒歩5分。どこに行くにも便利な場所です。

オーナー(Masaki)一人で運営しているアットホームで落ち着いた小さなお宿です。行き届かないところもあるかもしれませんが、金沢町家の情緒を楽しんで頂けるよう、清潔、安心をこころがけております。どうぞお気軽におこしください。

とHPに書いてあります。

どんな旅をしている人が、宿泊しているのか興味あります。
旅は、いいですね。
posted by 社長 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2010年09月04日

造花のクリです。

造花のクリです


写真は、造花のクリです。
商品の一部。
暑いから、少しでも秋気分になればと発売しました。

しかし、似合わない。やっぱり早すぎる。暑すぎる。
と自覚しました。

異常気象分析検討会で暑さの原因を分析されても、
自然相手にどうすることも出来ず、
予想されていたなら、ホメようもあろうが、
どう評価すればいいのか。
「30年に一度の、、、」が
言い訳なのか、何なのか?
地球的危機を訴えるでもなし、、。
微妙な発表と思いました。
posted by 社長 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2010年08月26日

コンビニでお茶

夕立

窓からは、この空。
しかし、雨が突然降りました。
本当に久しぶりの雨。車道が濡れます。
わずか5分あまりの通り雨。

今朝、コンビニで飲料水を買おうとレジに。

バーゲン品の中に
「お茶のティーパック。20袋入り160円」
一昨日は無かった。
たぶん安いのであろう。安くしたからここにあるハズ。
で購入。

会社で賞味期限を確認。
「2010.08.27」
 明日!??  
世の中このようなモノですね。と思う一方で
せめて、もう10日早く見切るべきではないか?という経営側への疑問。

明日中に飲み尽くせるわけもなく、
多少、賞味期間が過ぎていても
カビルわけでもあるまい。

これお徳だったのだろうか?

そして、箱を開けて出てきたパックの裏に
川柳
『全宇宙 真っ黒だけど ぼくがいる』

何をおっしゃいますやら
『その「ぼく」が、賞味期限切れ』
洒落にもならない。
posted by 社長 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2010年08月16日

石を投げる

恋路海岸

またしても、ラジオでの話題です。

聴者からのモノでしたが、
『奥能登では、サザエ・アワビの密猟があるので
 小学生には、酸素ボンベを担いでいる人間が
 潜っていたら、「石を投げていい」と指導しています』

ホンマかいなソウカイナ!
といったところですが、、

『警察には通報しません。漁船の網で引っ掛けます』
なんなら、スクリューで、、というような勢い!

ある種、冗談でしょうが
密漁に対しての怒りが伝わる、言葉です。

写真は、「恋路海岸」です。
著作権は石川県にあります。
県の写真素材集にありました。
能登へ来てください!ということです。
posted by 社長 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2010年08月05日

室内温度と湿度

室内温度と湿度  室内温度と湿度の関係

今日は暑かった。
外は、すでに33度を越えてる時に
冷房を稼動していたら、なんだか体が
冷えすぎるような気がしたので
冷房を止めてみました。

ちょっと暑いかな。
やっぱり冷房入れようと
思ったそのときの、
室内温度と湿度が、写真です。

ダイキンさんは、
「 人が快適と感じる環境は、温度だけでは決まりません。温度と湿度のバランスで、人は快適か不快かを感じます。心地よい組み合わせは「(夏)高温・低湿」、「(冬)低温・多湿」とされています。冷房時には、設定温度を高めにした省エネ運転でも、湿度を低くすれば、設定温度が低めのときと同じ快適さが得られます。お持ちのエアコンが、温度と湿度を個別に設定できるタイプなら、ぜひおためし下さい。」
と書いてます。

確かに、30度・55%ではちょっと暑く感じますが、
耐えられます。(日差しがない室内では)

理科で習った
「温度を下げると湿度が上がり、温度を上げると湿度は下がる」
であるなら、
この状態で、温度を下げれば湿度が上がります。

室内温度をとるか、湿度をとるか?

この季節
湿度が50%だと27度でも意外と快適。

ダイキンさんの室内温度のことは、ここ

パナソニックさんの湿度のことは、ここ

この夏、うまく乗り切りましょう。
posted by 社長 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2010年08月02日

やはり暑いですね。

お仕事

一生懸命、石を運ぶ人?
ではなくて、オブジェ。

これさえも、暑く見えてしまいます。

日本一暑い町 で売り出そうという自治体が出るのも
納得できます。

館林や多治見、そして熊谷。

地名聞いただけで、汗が流れるくらいになるまで
展開するのでしょうか?

何かをネタにするこの心意気。
その対象が「暑さ」だけに、
期間も短ければ、イメージもあまりよくないが
あえてやる心意気に感服します。


JALとかけまして
暑さ売り物の町と ときます。
その心は、
「あき(空き・秋)は困ります」

確かに、なぞかけは 頭の体操になりますね。



posted by 社長 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2010年07月30日

これもありか、登らぬ馬鹿二度登る馬鹿

目玉親父

きっとこの画像は
かなり出ているんだろうな、と思いながら
シャッターを押しました。

「ゲゲゲの女房」ブームですから
よく目にするわけです。

これは、岐阜県郡上八幡でみたものです。

よく観ると結構気持ち悪いと感じるのは
私だけでしょうか。

今日、ラジオで
『登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿』と言っていました。
誰が、なんと静岡県の観光関係の方。

富士山登山のことです。
一度は、登ってくださいね。
でも、2度登るような山じゃございません。

今日の場合、
観光客誘導のために、何度登っても、「絶景」といいたいところを
一度来てね!を強調したくて
出た文句。

この文句、江戸時代からのもの。

エッフェル塔嫌いの画家が
エッフェル塔を観ないですむ場所が
エッフェル塔の展望室であったように
富士山に登れば富士山は見えません。

富士山は下から見るから
絶景であり(飛行機からもかなりいいですよね)
登れば、石ころだらけ。
江戸時代から富士山を登った人の気持ちは、変わっていない。

でも、富士山に取り付かれた人は
何度でも、なのでしょうね。
posted by 社長 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2010年07月20日

缶ビールを冷やす

缶ビールを冷やす

この時期になると
缶ビールを一気に冷やす
ほら!例の方法がテレビで頻繁に映ります。

小さな氷の中で、缶ビールを回す、あれです。

氷の融解熱を利用しています。
といったら難解そうなのですが、
ビールの熱で氷が溶けているだけ。
言葉を整理すれば
氷がビールの熱を奪っている。
どっちでもいいんです。
冷えているビールが飲めればいいのです。
が大勢か。

確かに、入れ忘れますよね。
私の場合は、自宅の斜め前に自販機があるので
助かりますが、、

自販機で販売されている商品も
ビール類だけでもかなり種類が増え
妻に買いに行かせば、とんでもないものを
買ってくる事があります。

とんでもないものとは、
ただ私の口に合わないだけなんですが、、

「たかが、口に合わないだけで、
  とんでも 呼ばわりするん!!」と怒りますが
確かに、、その通り。

しかし、暑いです。
せめて、写真ぐらい涼しげなモノをと思い
冒頭の写真になりました。
posted by 社長 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2010年07月19日

セントアンドリュース

オールドコース

全英OPEN みましたか。

セント・アンドリュースですよね。
「ゴルフの聖地」と呼ばれているだけあって、
ゴルフはやっぱり、野原のゲームなんだと思いますね。
なんですか、あのデコボコ。

約600年の歴史!
コースレイアウトはオールドコースが「神の手」によって作られたと言われていることも、納得。自然のまま。

そして
リンクス故の風。

7コースなのか9コースだかは、知りませんが
持ち回りでありながら
このセント・アンドリュースだけは
5年に一度開催が慣例化。


『風の大地』(漫画ですいません)を読み直したくなりました。

オールドコース2

しかし、
野原だけでは無く、当然クラブハウスはご立派。
周囲のホテルも立派。

17番ではホテルのボイラー室越え。
どうしてこうなったのでしょうか?

そして、驚いたのが
私たちでも、プレー出来る事。
ワンプレイが一万円だと。

なのに日本からのツアーは
約30万円〜40万円が相場。

ついでに、イギリスという国の不思議
スコットランドに
このコースはあるんですが、
何ゆえコウも
イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドと
区別したがるのでしょうか?
地図的に位置を分かりやすく伝える目的以上に
区別しています。
サッカーワールドカップの「イングランド」も、そう。

歴史から分からないでもありませんが、
「一国」でありますよ。

ついでに、イギリスは
「英連邦王国の一国」。

英連邦王国
 「君臨すれども統治せず」と学習させられましたが
・カナダ
・オーストラリア
・ニュージランド
・パプアニューギニア
・ジャマイカ
・バハマ
・ベリーズ
・アンティーグア・バーブーダ
・バルバドス
・グレナダ
・セントクリストファー・ネーヴィス
・セントルシア
・セントビンセント及びグレナディーン諸島
・ソロモン諸島
  など
なんだか、日本人には理解しがたい関係です。

それにしても、
5年後、このコースで開催されるとき
石川遼君は、どこまで成長しているんでしょうか。
17番でバーディーを取れるくらいに
なっているでしょうか。
posted by 社長 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2010年07月14日

祇王と仏御前

光触媒造花グリーン

一部地域では、お盆です。

平家物語のお話です。
平清盛の寵愛を受けながら、同じ白拍子の仏御前に清盛を奪われ
嵯峨野に行くはめに。
そして、ある日突然呼び出され、人前で舞わされる。

「仏も昔は凡夫なり 我らもついには仏なり
   いづれも仏性具せる身を 隔つるのみこそ悲しけれ」

これで舞うのです。

人は、皆同じです。
仏御前、あなたもいつか私と同じようになります。
でも、悲しんじゃいけませんよ。
それも、これもすべて受け止めて。

仏御前は、祇王の心を知ります。
そして、館を出ます。


これを読んだとき、さすがは「平家物語」名文!!
と思いました。

最近、これが「般若心経」の
というより大乗仏教の
「一切衆生悉有仏性(いっさいしゅじょうしつうぶっしょう)」
  生きてるものすべてが仏様です

に由来しているのか?と思いました。

ある人は、
宗教を持たないことを、まるで立派なことと
思っている人が居るが、
火を持たない人類に近い。
宗教が人を助け、人を成長させる。
と言っています。

写真は、当店の光触媒造花です。
posted by 社長 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2010年07月11日

九谷焼インテリア象の絵

九谷焼インテリア象柄

象は家族愛が強いらしい。
縁起のよい模様だとの事。

今回、その花器に上質の造花を入れました。

いよいよ投票日になりました。
民放もNHKも例の如く午後8時に
出口調査の集計から
バアーン!!と当落予想を出すんでしょうね。

こんな事は、世界中で行われているんでしょうか?
ハズシタ時の事態を考えると、チョット危険。
しかし、日本人の緩やかさが、許しているんでしょうか。

それに、全放送局が行うことだから
どこかしらショー的になっていて、
ギャンブルの予想ではないが、多少のズレは
国民も納得しているのか。

そして、何よりも同じ材料を全ての放送局で同時に取り上げ
視聴率争いをする事、
その視聴率争いに、頭が下がります。
軽くならないようにお願いしたいものです。
posted by 社長 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2010年07月10日

本田圭佑と九谷焼インテリア

九谷焼インテリア

なんだか
結果的に
初日の幕内後半戦9番で日本人力士同士の対戦は稀勢の里―安美錦戦の1番だけとなった大相撲。
もう、名古屋場所やめて「ウランバートル場所」でも開催した方がよかったのでは、と愚痴をいいたくなる人もいるのでは。

サッカー日本代表が、いろいろテレビに出演していますが
本田圭佑が、見えない。
自分の人生をたどるように
幼稚園・小学校・中学校・高校と電撃訪問したようです。
純な礼儀を知る人間です。

星稜高校監督は
デンマーク戦の岡崎へのパスを見て
「本田らしいな。」と

オランダ時代のチームメイトも
「彼ほど対話を好む、話を聴いてくれるキャプテンはいなかった」と

外見で決められないし
私たちが抱く「一番を目指す」男のイメージとは違う
人間性もある。

本田は奥が深い。

自分の価値を高めることを知っている男のようです。

その価値とは、商業価値もありますが、
スポーツマンとしての価値。
人としての価値。

「試合前にインタビューされたくない」
という言葉は、
単に集中するだけではなく
勝負の神様に対する礼儀・言葉にすると勝負運が逃げる
そのようなことを思っているかのようです。
「スポーツの神に愛される」行動を
意識的にとっているかのようです。

今日の写真は、当店の新商品。
九谷焼花器使用のアートグリーン。
しっかり、どっしりの重量感と
飽きの来ない模様の九谷焼とさわやかなグリーン。
ご購入は ここです
posted by 社長 at 15:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然

2010年07月02日

癒される

癒される

歌手で俳優のパク・ヨンハさん(享年32)の死の原因は
父の看護と仕事のストレス とのこと。

確かに、肉親の看護は大変です。
私も、父の闘病に疲れ果てました。連夜、簡易ベットでの睡眠。
それよりも何よりも、苦しむ父の姿が辛かった。

人は、そんな時どうしたらいいのでしょうか。
真面目に、自分だけで背負い込むと辛いですね。

でも、それを乗り越えると違う景色があるようです。
竹内まりやの「人生の扉」の中に
『長い旅路の果てに 輝く何かが 誰にでもあるさ』
という歌詞があります。

昨晩、妻と二人で
ホタルを見に近くの川へ。

川の上を、竹やぶの中を
ホタルがふわふわと飛んでいました。

夫婦二人で見るホタルは、子供と見たホタルと
そして、子供の頃みたホタルとは違って
惜愁を感じました。

どこかで、癒されなければ生きていけませんね。
posted by 社長 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2010年06月10日

花フェスタ記念公園

可児市花フェスタ記念公園

バラ好きとしては、ここは行かねばならない。
岐阜県可児市 花フェスタ記念公園

先週の土曜日行きました。
もう一週間早ければ、もっと見事に咲き誇っていたんでしょうが
それでも満足しました。
高速道路から10分とかからない場所が、またいいです。

白いばら

たいへん広く、品種も多く満足しました。

ポッポ

ポッポが走っていました。
西ゲートから入って正解でした。
ポッポの乗って地球館北停留所まで行き
そこから、徒歩でゆっくり散策しました。

バラはやっぱり、いいな〜。

若狭の海の夕日

帰りは、若狭の夕日を拝んで帰りました。




posted by 社長 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然