2005年12月23日

12月といえば その2

クリスマスツリー12月といえば、もちろんクリスマス。
学生時代、この時期は、宴会場でのバイト。夕方5時から深夜2時まで。時給850円。自転車通い。


クリスマスの日、信号待ちをしていたら、時々見かける水商売の女性が、子供の手を引き「今日はクリスマスだから、いい子にしていたらプレゼントもらえるよ。ママなるべく早く迎えに行くから、、」と。夜中バイト帰り逢った。子供を抱えタクシーに乗るところ、、、涙が出た。なぜか涙が出た。世の中クリスマスの賑わいも落ち着いた時間、今から始まる小さな家族のささやかなクリスマスを勝手に想像して、、


 街の明かりが少なくなった深夜でも、いろんな生活がある。みんな頑張ってるな。そう想いたかった。部屋に戻ったらFMからクリスマスソングが。また、淋しくなった。   社会人になって、最初のクリスマス、夜8時から9時半まで彼女とささやかなクリスマス。原付バイクに彼女を乗せて送る。「ねぇ、楽しいね」と彼女。ほんと、ちっぽけな事が楽しかった。    ちなみに、幸いにもその彼女が今の嫁サン(じゃないととても書けないし、当然本人であったかを確認、でないと、、ややこしいことになるよね、、)


写真は石川ハイテク交流センターに置いた当社のツリー。実物は、ブルーの灯りが点り大人の雰囲気を出しているんですが、、、

posted by 社長 at 21:52| Comment(0) | 自分のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: