2006年01月08日

白と青

神社の青空で、参道の除雪をしている自分の姿を見て、「こりゃ、やらねばならない」と思い、単純な私は、参道の階段上を目指して、始めました。三が日以降、除雪されていないようで、人一人分の道がちょっとあるだけ。
 曇天の下始めましたが、途中あとどの位と思って見上げたら、青空。カメラを取りに家へ。 探していた白と青。目指す本殿上空の青空。


この作業の褒美は、この白と青。


 嫁さんに話したら、「ここ掘れワンワンみたいなお告げか夢を見てね。」と言われた。因みに、夢で行動を起こしたことは、初めて。(決して変人や右翼ではありません。右翼は除雪すらしないか?)


 午後、次期町の公民館館長になるので準備会を開いた。400軒から18名を任命し2年間するのだが、正直、気が重い。年齢からいって、10年は早い。他に適任者がいるだろうと断ったが、だんだんマインドコントロールされ、受けますと言ってしまったのが、先月中旬。役は人をそれなりに育てると言うなら、自分のためにもなるか?


 自分の考えを皆さんに伝えたけれど、初対面の方が多く伝わったかは、大いなる疑問。今後公民館長の奮闘もフログになるのか?いやいや、アインシュタイン大先生の件もあるし、、、うまく分けてするか


 『参道を仰ぎ青空淑気かな』(淑気=新春の瑞祥の気が満ちてること)自作です


 


 


 

posted by 社長 at 21:51| Comment(0) | 自分のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: