2006年02月11日

セミナー「観光と地域振興」

観光と
『観光と地域振興』


交流センターでのセミナーです。


国土交通省の課長様のお話です。


 実に興味深いセミナーでした。聴講して得した気になりました。堅苦しい事例ばかりの、理屈っぽいものを想像していましたが、課長様の性格なのか、楽しく学ばせていただきました。


 『「ヨソモノ、ワカモノ、バカモノ、ワルモノ」が必要』と聞かされ、ひょっとしたら企業内プロジェクトも同じかな、と感じました。独り占めするより、多くの方に聴いてほしいセミナーでした。


 ここで問題です。このセミナー、表題と講師を関係各位に連絡しましたが、市役所・商工会の方々何名参加したと思いますか?。勿論名刺交換の場もあります。


  ヒント1「観光だ!地域振興だ!と叫ぶが、行動は起こさない」


  ヒント2「私は、超有力な国会議員が地元に居ても、自力で学習したり、汗かいてやってから、議員先生に陳情するのが、当たり前。議員先生と相手様に対しての礼儀と思います。学ぶ、陳情するは行政の常識。」


  ヒント3「ここまで書いたら、判明するだろう。私は情けない、、」


答え「書く気もなれない」


でも、民間の方々、先端大の学生達が居た。救われた。


ついでに、無礼にも、あるところにメールした。(匿名ではありません)「もう一寸、学習したら、忙しければ代理出席してもらったら?」の意味を込めて。


 おいおい、『観光と地域振興』、本気?建前?私の町では、さあ〜ドッチ

posted by 社長 at 17:10| Comment(0) | サイエンスパーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: