2006年02月23日

光触媒は魔法ではない

単品1時々、「光触媒魔法の如く宣伝し、販売に結び付けようとする方がいる。」


 劇的な効果や、空中を自由に飛びまわって細菌を死滅させるような宣伝。そのような効果があったら、活性酸素の問題が一方で出てきませんか?あくまでも限られた容器の中で、靴の中を殺菌する島津製作所の製品みたいな物ならわかるが、、(シャープの除菌イオンはまた別の理論です。これは感動モノ)なんか疑わしいものがある。


 で、当社の光触媒加工品の造花は、効果はゆっくりと、、、、でも明らかに違います。コレを測定しようとすると、前にも書いた吸着(移染)が起こったりして厳密な数値は出にくい、、、何の加工もしていない繊維は、ニオイを吸収するから、数値は減るのだ。分解と吸着と放出と自己分解。なのにはっきり言える方はある種偉い! 当社は、ホコリが付きにくい事がすごいし、色あせにくい事がすごいと思ってます。


 上、当社の商品。ハイテク交流センターのレストランに鎮座しています。手で拝みます。「頑張って、効果見せてね」「きれいやネ。豪華やネ」と言われてね。


 


 

posted by 社長 at 19:30| Comment(0) | 光触媒
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: