2006年06月28日

登山家田中康典は心優しき冒険家

田中康典のデナリ   田中康典のデナリ2

デナリ山の写真、田中康典氏より

 田中康典氏は、いろいろすごい。
日本アルパインガイド協会理事であり、遭難対策委員であり、当然と言うか、意外と言うか石川県でただ一人の公認アルパインガイドです。

 田中康典氏の主な登山歴
2003年南アメリカ最高峰アコンカグア登頂(6960m)
2004年ヨーロッパ最高峰エルブールス山登頂(5642m)
 同年オーストラリア最高峰コジウス山登頂
2005年アフリカ最高峰キリマンジェロ山登頂
 この4座登頂者は日本人で9名のみ、(畏れ入りました)

 そして、ついこの前田中康典氏は、北アメリカ最高峰デナリ山登頂を果たしました。マッキンリー山の事です。1975年に州政府がインディアンの「偉大なるモノ」を意とした「デナリ山」に改名していました。植村直巳さんで有名だけど、改名は知らなかった。

 その田中康典氏には、以前からお世話になりっぱなし。私自身が勝手に写真を使用するやら、、(事後承諾を得ているつもり、、)とにかく、ありがたや、、
 田中康典さんとは、前にもブログで書きましたが、「常念岳」「白山」変わったところでは「金沢城の石垣」を登らさせて、いただきました。そうです、「康さん」です。
 アルパインガイド協会は、あの会長の「橋本竜太郎」氏の顔が浮かび、田中康典氏が同類の気難しそうな人と思えてしまうが、どっこい?明るい人です。山になると、流石に頼もしく安心して登れました。

 今回の写真、トンデモナイ所。約一ヶ月間を費やし晴れたのは3日だけだったそうです。マイナス40度の世界。

今後益々のご活躍を期待します。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/914415

この記事へのトラックバック

光触媒の触媒は半導体
Excerpt: 光触媒のお勉強
Weblog: 窓から先端大
Tracked: 2006-06-28 19:06