2013年11月23日

サイバーテロ防衛技術開発の実験施設は能美市にあります

能美市のサイバー防衛技術開発実験室.JPG

総務省の「サイバーテロ防衛技術開発の実験施設の建設が能美市で進んでいます。
私どもの「データ管理室」から歩いて1分で
建設現場が見られます。
地下からの配線用パイプの太いこと太いこと、、、、

さすがに基礎もすごい。
これだけ生コン打つのかと、感激しています。
さすが100億円の予算、、、、

3000台のサーバーで300万台相当のパソコンのネットワークをつくり
ウイルスをまき、感染経路の発見方法や対策方法を研究するというのですが
さっぱり、ど素人にはわかりません。

全国の各地の研究施設が対抗して、「赤組対白組」よろしくサイバー攻撃をしあって
その経過・結果をここで高い所から研究するのかと思っていましたが
ココだけで出来る自己完結型かい?

それにしても、能美市は
地震・津波に安全のようで企業の進出が続きます。
確かに、平野部は手取川の氾濫で古代より苦労してきていますが
丘陵地は、県内最古の旧石器時代の遺物や古墳が残っているように
天変地異の災害が少ないようです。

この国内最大のネットワーク施設で
国家レベルのサイバーテロ対策、セキュリティーシステムが
進むことを願っています。
そして、工事過程でも私ども野次馬を感動させて下さい。
すごい施設だと!!
posted by 社長 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 能美市のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81229388

この記事へのトラックバック