2013年11月17日

兼六園ライトアップ 秋の段

兼六園ライトアップ 秋の段を観に行きました。
やっぱり天下の名園は違います。
兼六園ライトアップ秋の段.JPG

「宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望」の六つを兼ね備えると言いますが
極力抑えられた人為的灯りの中で
「幽邃・蒼古・水泉」が心に届きます。
すごい事です。
そして、雪吊りの人為的直線が、すごく綺麗です。
地元でも、みんなが「綺麗だった」と言うとおり、一見の価値あり。

観光客の方もたいへん多く、中国語も英語も飛び交っていました。
また、カメラ撮影の方が多いこと多いこと
ほぼ全員がカメラ・スマホで撮影しているかと思うほどの場所もありました。

入場料が無料というのは、モッタイナイ。
通常料金の倍でも、私は入ります。
金沢は、「夜」を売りに出来ます。
金沢駅・21世紀美術館・茶屋街どこも絵になります。

兼六園ライトアップ秋.JPG
posted by 社長 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80801520

この記事へのトラックバック