2013年06月28日

光触媒の親水性は梅雨時に威力を発揮します

梅雨時になると、光触媒の親水性の効果がはっきりと確認できます。

ガラスに光触媒を塗布すると
水にたいへん馴染みやすい親水基(-OH)に覆われて
雨水が薄く広がります。
パンフレット等には、ガラス面と汚れの間に浸透するような
イメージ画で説明されています。
親水性とか超親水性と表現されます。
光触媒の親水性.gif

また、紫外線によりガラス面に活性酸素が発生し
ガラス面の有機物や細菌・カビ・汚れを分解します。

よって、汚れがキレイニなる。
それを光触媒のセルフクリーニング効果といいます。
親水性と分解力の合わせ技です。

外壁材も同じことです。



「当社では、ガラス面を磨き上げてコーティングしています」
と宣伝している業者さんがいますが
むしろ、磨き上げてコーティングしないと
光触媒が均一に広がりません。

磨き上げることは、当然なことでむしろ必要なこと。
全業社が行っていることです。

問題なのは
その光触媒の親水性・分解効果の持続性です。
何年持つの?

画像は、光触媒をコーティングして、5年経過した状態です。
年4回の清掃業者が入っていながら
光触媒の親水性・分解効果が持続しています。

施工するに当たっては
お値段はもちろん、何年効果があるのか
現場を見たほうがいいです。
業者によって、バラツキがあります。
posted by 社長 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70134505

この記事へのトラックバック