2013年06月16日

「個」に思う

山法師の花.JPG

日本対ブラジル戦をテレビで見ました。
朝の4・5時でも、まったく眠気もないので
バッシと目覚めました。

やってくれるか!と言う期待感もありましたが
こうも「差」を見せ付けられては
「次は頑張って」としかいいようがございません。

「優勝」を目指しますの発言自体は
悪くはありません。むしろ、好きですその姿勢。
しかし、「差」が大きすぎます。

何を工夫すれば勝てるのか?
はたまた同点で追われるのか?
工夫(システムを含めた)で
何とかなるような「差」とは思えませんでした。

こりゃ大変です。
マスメディアも煽りすぎの感もあります。
ヨーロッパで活躍しても
「周りのおかげ」かもしれません。

「個」が大切なのは十分わかりました。
優れた「個」の集団でないと太刀打ちできません。
2人で囲んでも、突破され
2人で囲まれ、簡単に取られてしまう。
もっとすごいのは、日本がやるべきことを
ブラジルがいとも簡単にこなしている。

朝の6時から
不機嫌な自分がいました。
posted by 社長 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69526634

この記事へのトラックバック