2006年05月03日

光触媒いっぱい

DSCF3158.JPG DSCF3159.JPG

晴れ「光触媒」として光合成は有名。
我家の庭も、光触媒でいっぱい。山芍薬が今年も顔を出し、ひと安心。昨年は咲かなかったが今年は、頼むぞひらめき
 山芍薬は、芍薬とはずいぶん違って、簡素な花です。能登の友人に分けてもらいました。

コケもここ数日の雨で元気になりました。彼らは、水がなくてもじっとすぼんで雨を待っています。
 庭のコケは、ほっとっいても育ちますが、苔玉を室内で育てている方は大変です。コツは「みずやりです」玉と言うだけに、中心まで水をやることが大切です。「ハイゴケ」「スナゴケ」が一般的。(ちなみに我家の庭はスナゴケです)
 苔は、体の姿勢を保つための根はありますが、本来の根がありません。だから水や養分は苔の体に直接入ります。だから、化学肥料は向きません。
 勿論、光触媒機能付き、植物です。

 「うすうすと 窓に日の差す 五月かな」         正岡子規
窓からの、景色も一変して、新緑の季節。私は、五月が一番好きです。
 五月はカトリックでは、マリアの月らしい。気持ちのよい季節です。

 
posted by 社長 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 花も光触媒だ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/637785

この記事へのトラックバック