2007年10月25日

安政五年の大脱出 五十嵐貴久著 幻冬舎文庫

dassyutu

『安政五年の大脱出』五十嵐貴久著 幻冬舎文庫

フィクションです。
背表紙には、
『安政五年、井伊直弼に謀られ、南津和野藩士51人と美しく才気溢れる姫・美雪が脱出不可能な絖神岳山頂に幽閉された。直弼の要求は姫の「心」、与えられた時間は一ヶ月。刀を奪われ、逃げ道を塞がれた男達は、密かに穴を掘り始めたが、極限状態での作業は困難を極める……。恋、友情、誇りが胸を熱くする。痛快!驚愕!感動の娯楽大作。』

ということで、しかし、やっぱりフィクション。

痛快でも驚愕でもなかった。

真実の方が、面白かったりしますよね。

でも、暇つぶしの一冊としては、十分。

昔(35年ほど前)、「大脱走」という映画、何度も再放送されていました。最近無いですね。あの、スティーブ・マックイーンの、、
穴を掘って、逃げるあの「大脱走」。
スティーブ・マックイーンがバイクで有刺鉄線を飛び越えるあのシーンは、感動でした。

私達、中学生は教室の机を並べその下を四つん這いしながら、「大脱走」気分。おバカでした。
そうかと思えば、ブルースリーのマネで、ヌンチャ代わりに濡らしたタオルで、、、ついでに「エクソシスト」のパロデイで首を回す、、、重症です。よく高校受験を無事通過したモノだ!

話を戻し
この小説の姫様の逃げ方が、それに劣らず奇想天外!
ありえない、、、やっぱりフィクションです。

どうせなら、桜田門外の変まで、話を拡大させて欲しかった。

ひとつ驚き
登場人物のその後を書いている。
フィクションらしからぬ手法です。
で、この作家が好きになりました。


posted by 社長 at 18:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 読後の感想
この記事へのコメント
窓から先端大 そして光触媒
rayban sunglasses black white red sales http://www.onlinesunglassesshop.com/cheap-rayban-sunglasses-outlet/833-rayban-sunglasses-black-white-red-sales.html
Posted by rayban sunglasses black white red sales at 2014年06月27日 06:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6162671

この記事へのトラックバック