2013年01月14日

出づる日のおなじひかりに四方の海の

『出づる日のおなじひかりに四方の海の
   波にもけふや春は立つらむ』

藤原定家20歳の頃の歌であります。
当時は、15で元服で今の成人の観念も
違ったモノなのでしょうが。

今年最初のブログは、
この当時の「ハイビジョン」を想わせる
雄大な歌です。

元日の海の日の出を歌ったものです。

水平線から朝日が昇り
とたんに海面は一面黄金に輝き
やがて紺碧の海水と白い波頭に変わる。

昨日、安倍首相が明治神宮を参拝され
「いやさか(弥栄)」と言う言葉を使用しました。
思いを伝える・表現する日本語の多様性に
今更ながら、感心しました。
そういえば、「弥栄」を発する場が
最近少なくなったと思ったりします。

で、この和歌も
テレビ、写真があるわけもない時代で
「歌」一つで情景を呼び起こすことに
感動するとともに、当時の人々の国語力に感服します。
そして
今年の皆様の弥栄をご祈念いたします。
posted by 社長 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61453642

この記事へのトラックバック