2012年09月06日

ユリの咲く道

百合 ゆり リリー.JPG

会社までの道
街路樹の百日紅が咲いているのは、毎年のことなのですが
今年は、法面のユリがやたらに目に付きます。
「てっぽうユリ」か「タカサゴユリ」かは知りませんが
とにかく、群生しています。

北陸先端科学技術大学院大学への道は
4本ありますが、メインの道は経費削減なのか
公園だったと思われる所も草だらけ。
そして、この道も植生がどんどん変わっています。
ユリが咲いてる分にはまだいいのですが
来年以降どうなるのでしょうか?
チョット興味深いです。

そう思うと
古墳の葺石は、遠目からの輝きという威厳も重要な要素だったのでしょうが
雑草が生え難いという効果も絶大だったのが
よーくわかります。

道や施設を作ると、管理費が掛かる。
実に当たり前のことですね。
posted by 社長 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58050716

この記事へのトラックバック