2012年08月23日

ほおずき、そして処暑

ほおずき.JPG

『ほおずきは 実も葉もからも 紅葉かな』芭蕉
『ほおずきは まことしやかに 赤らみぬ』高浜虚子

昨日、朝5時20分から1時間余り散歩したのですが
途中、草むらの中に
ほおずき(鬼灯)を見つけました。

まだ、オレンジが若さを持った状態。
完熟状態までは、程遠いようでした。

子供の頃、女子がほおずきの
中身を出して、遊んでいたのを思い出しました。

で、その日
先端科学技術大学院大学共催の
「ISPフェスタ」の事業の件で
市内の某施設へ行くと
幼馴染のT子さんに会いました。

朝、鬼灯で彼女らを思っていたら
出会ったのでチョット驚きでした。

今日は「処暑」です。
暑さが止むの意らしいのですが、止んでいるような気がしません。
と思ったら
「秋暑」と言われるのも、この時期とのこと。

季節の中で、自然を感じています。
posted by 社長 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57748173

この記事へのトラックバック