2012年08月16日

蒲の穂を見るとお盆かなと

蒲.JPG.JPG

『蒲の穂は きるべくなりぬ 盆の前』 水原秋櫻子

蓮と蒲を見ると、お盆を連想します。

そのお盆も過ぎて、ひと時の休息も過ぎてしまえば
暑い残暑に、耐えるだけ。

夜のエアコンは動かさぬと決めた今年ではありますが
やはり暑さに負けそうで
今晩あたり、「on」にしてしまいそうです。

韓国大統領の逸脱した行為・発言が
不快な夜をいっそう不快にさせます。

十月に通貨スワップの増額分の期限が来ますが
延長するのか、どうなのか?

通貨スワップが「円売り」につながり
微力ながら「円高」を押さえ込んでいるようなのと
もし、「通貨スワップ」を解除すれば
韓国経済が傾く可能性もありますが
韓国ウォン安で、韓国輸出企業が日本企業より優位なレートを
持つことにもなりかねません。
さすれば、東証の株価も大幅下落します。

崩壊も困りますし
適度なウォン安も困ります。

一方で
日本との通貨スワップだけではなく
当然、中国や米国との通貨スワップもあるわけで
中国がすぐに受けることもあるから
実に厄介なお話です。

やはり、韓国経済とは
親密になりすぎたようです。
アジア全体にグローバルな展開を今からでも
する必要があるようです。
韓国との関係は、再構築する必要があるようですね。

そんなことを思ったお盆でした。
posted by 社長 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 歳時記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57615475

この記事へのトラックバック