2012年05月29日

こらから正義の話をしよう

これから正義の話をしよう.JPG

『これから「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル著 ハヤカワ文庫

2010年NHK教育テレビ「ハーバード白熱教室」でおなじみのマイケル・サンデル教授です。
TVで観ただけでは、理解できなかったので
あえて「文庫本」で考えることに。
実は、今年のお正月から何度も読み返していますが
未だに、?
哲学的思考が私にないのか?
日本人的思考に合わないのか?
(かといって自分が日本人の標準か?といえば多いに疑問なのですが、、、)
苦労して読み返しています。

理解できないと実に不愉快なものです。

しかしながら、この本は
実にたとえ話が、うまく出来ている。
思考する上で、身近なたとえ話にもっていくのは
良策と思えますが
それを哲学的に戻すのは
実に思考的に難しい。

これを読むと10分で眠れます。
深く考えると1時間は眠れません。

でも、一度読むべきです。
「正義」が何かというより
「哲学」って何。これを理解してどう実生活に反映できるのか。
また、総体としての「正義」とは
個人の「正義」とは
を考えてしまう一冊です。

日本語訳で「正義」なのですが
なんだか違うような気がするのは
私だけでしょうか。
posted by 社長 at 20:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 読後の感想
この記事へのコメント
窓から先端大 そして光触媒
new collection RanBan sunglasses blue black cheap http://www.onlinesunglassesshop.com/cheap-rayban-sunglasses-outlet/226-new-collection-ranban-sunglasses-blue-black-cheap.html
Posted by new collection RanBan sunglasses blue black cheap at 2014年06月25日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56135225

この記事へのトラックバック