2007年05月13日

新型インフルエンザ

新型インフルエンザ

新型インフルエンザ
『感染症』 井上 栄著 中公新書より

『香港型は1967年、ロシア型は1975年、それらが出現してから30年以上たっているので、そろそろ新しいのが、、、グローバル時代爆発的に地球全体に広がると予想される。

この心配を強めているのが、高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1である。この病気は、人インフルエンザとは全く違う病気と考えた方がよいだろう。
(今は、鳥の話だが)人から人へと伝播が起こるのは、気道粘膜で局所感染を起こし人に咳をさせ飛沫にのって自分を飛び出させるようにウイルスが変身したときである。これが新型人インフルエンザ発生のときである』

ワクチンが出来るまで、または発症して体内で免疫が出来るまでの半年から1年の間、この新型インフルエンザと戦う事になります。以前ブログにも書きましたが、天下のNHKTVが、食料の備蓄とかの対策を真剣に報道しているくらいです。

ここで、CM。

無いより、あった方が絶対ましな『光触媒』はいかがでしょうか?
有機物を分解します。勿論ウイルスをも、、ただし分解するにはそれなりの塗布面積と時間と紫外線が必要です。
我社は、光触媒に囲まれています。
社員の方が、家庭で風邪をうつされても、社内での感染はありませんでした。不思議です。「家族がインフルエンザにかかったから、私ももうじき」と言ってから、予想通り2日間休んで出社したMさんからの感染もありません。社内での感染が無い。
すごい事です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3972503

この記事へのトラックバック