2010年07月13日

光触媒をガラスに

光触媒をガラスに

光触媒をガラスに塗布すると
このようになります。

見えますか?
雨粒があるところと 全くないところが
境界線となっているのが、、

上部は未塗布です。

光触媒を塗布すると
水滴が濡れ広がって、水滴が形成されません。
親水性です。(真逆が撥水性です)

屋外で親水性を保持できる材料は
非常に少ないです。

これ、塗布してからもう3年。
月に一度、清掃屋さんが窓掃除してますが
剥離しません。
いろいろ試してみた結果です。

しかし、これは窓用です。
お花に塗布しているのは、これと違います。

バクテリア・微生物を酸化分解する力を主としたタイプです。
抗菌効果のあるものです。

光触媒は、無色透明であるばかりに
塗布されているか、否かさっぱり分かりません。
だから、安心できるお店でご購入下さい。


ワールドカップも終わり
そして、参議院選挙も終わり
世の中、虚脱感のような感じですね。
どこかで、エンジンをふかさなくてはいけません。

「ハヤブサ」のように
まるで過去からやって来て、
  (宇宙から舞い戻ってきたのですが)
元気づける、勇気づけることないでしょうか。
やっぱり、日本は凄いと!

ワールドカップで
気づいたことなのですが、

少子化、少子化といっても
総人口1億人切ったところで
ドイツ(82百万)より人口が多い。
勿論、イギリス(61百万)や
フランス(62百万)、イタリアより多いんです。

勿論、韓国(48百万人)より多いんです。

日産の「新型マーチ」が百万円を切って発売されます。
タイからの輸入だそうです。
そうなってしまうんですね。
日本企業がどんどん海外生産に切り替え
国内に入れてきます。
空洞化が心配です。

だから、日本の技術力の劣化は危険です。
研究開発が必要です。
コアの部分は、国内生産して頂かないと
ドエライ事になります。

リカードの比較優位説、
 二国間で自由貿易すれば双方にとって利益になる
といった経済学は通用しません。

だから
1億人が知恵と勤勉と礼儀を持つことが必要ですね。

やっぱり、教育か?教育が大事なんですかね。
posted by 社長 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 光触媒とは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39610477

この記事へのトラックバック