2007年05月05日

光触媒・可視光・色・マゼンタとシアンのお話

マゼンタとシアン

光触媒の話をすると、前回の「虹」の話から「色」の話へと進んでいってしまいます。

プリンターを考えてください。
何色で鮮明な色を出しますか?

多くは「マゼンタ(赤紫)」「シアン(青緑)」「イエロー」を搭載します。これら全部を混ぜると「黒」になりますが、完全な黒でないために、あえて「黒」を単独で搭載します。

絵の具は、混ぜる事によってどんどん暗くなります。
これを「減色混合」といいます。

ところが光による色は、
RGBの三原色で、多くの色を表現します。(眼に飛び込んでくる)
R=red(赤) G=grenn(緑) B=blue(青)
R+B=マゼンタ G+B=シアン R+G=イエロー
これらを混ぜると 「白」になります。

これを「加色混合」といいます

   テレビとかの発色がこれです。
  勿論「黒」は何も光っていません。

「減色混合」と「加色混合」面白いですね。知っていても、プリンターと光比べて考えないですよね。では、また。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3903990

この記事へのトラックバック