2007年01月17日

東京出張、東京大学駒場キャンパス YS11

YS−11誕生

YS11  見たことありますよね
もう飛んでいません
昨年で国内就航がなくなりました。

プロジェクトXでも放映していましたよね。

さすが、NHKいいところだけ放映しました。
「YS11」は、実はあることを証言しています。
国策です。政策が全てを決めてしまう事が、あるということです。

日本は、科学・工学産業では、世界でも指折りですよね。
しかし、航空産業・宇宙産業では、遅れています。
「YS11」の歴史もその中にあります。

「YS11」の優秀さは、世界で証明されているようです。壊れにくい・扱いやすい実に自動車産業を見ているようです。(日本人が作ると、壊れにくくなるのでしょうか、、)

東京大学先端科学技術研究センターは、以前「航空研究所」でした。

この建物で、「YS11」が開発されたんです。
今ですか?なんと「学生食堂」です。
勿論、建物は「YS11」と隠語で言われています。

その事を今日知った私は、帰りの例の本屋、、で、、
羽田空港の京急の出口の「ブックス フジ」で
(やたら、飛行機の本が多い)
『YS−11 国産旅客機を創った男たち 上下』講談社α文庫を買いました。

東京大学は、本当に面白い。
正しく、『知的好奇心を刺激する』
posted by 社長 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 光触媒
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3090078

この記事へのトラックバック