2008年12月12日

造花の仏花 を試験してます。

仏花 実験   bukka

仏花の耐久性を調べています。
屋外用です。
お墓用です。

試験を始めてから、暑い日も雪の降る日、強風の日もありましたが、
まだ、使える状態です。
光触媒を塗布してある事で
耐久性が向上しています。

特に汚れが目立たないのと
退色があまり目立ちません。
水切れが早いのか、破損も少ないようです。
それは、最終で明らかになりますが、、、

これなら、お盆からお正月、お正月からお彼岸、お彼岸からお盆
十分耐えられますね。

全部が全部良い訳でもなく
退色が他より進んでいるのもあるので
選別の必要があります。

それが、目的でもあります。
ダメな花材は、ダメ!

緑栄では、
こんな試験をもラボで、やっています。
地味ですが、これもやっとかないと。

勿論、光触媒塗布後の分析も
やっています。
特に「アンモニア」の分解は早い。

試験結果のお話は、また。

posted by 社長 at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 造花 CMさせて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24183804

この記事へのトラックバック