2018年04月05日

モクレン・木蘭が咲きました。モクレンとコブシで思う事

ニシキモクレンと桜
桜は、雨や風に舞って散ってしまうイメージですが、かたや「モクレン」は、いつの間にやらポトンではなく、ドカッと地に落ちているイメージですよね。
散歩していると「これはモクレンだよね。コブシではないよね」って、聞こえます。
近くに、コブシが咲いているから、ますますややこしくなります。
モクレンもコブシも、公園や田舎に咲いているイメージ。
確かに、似ていると言われれば似ていますし、どちらも「モクレン属」だもね。
でも、モクレンはインターナショナルで、コブシはジャパン。
コブシは日本が原産地だから、花が華美ではない、おしとやかな感じ。
歌ってるいる人も、こうも違います。(冗談です、関係ございません)
モクレンは「木蘭の涙」(スターダスト・レビュー)
コブシは「北国の春」(千昌夫)

これに、「モクレンモドキ」って言う、「中国産」が植えられたら
何が何やら分かんなくなります。
モクレン科モクレンモドキ属は「木蓮」
モクレン科モクレン属は「木蘭」 どうでもいいことです。
造園施工管理士の試験対策本に出ていました。
試験には出ませんでした。無駄でした。当時どうでもいいことに興味が湧きました。
試験対策の勉強から、脇道へ大きくそれてしまいました。
ついでに、土木施工管理技士の試験勉強の時
ポルトランドセメントについての予備知識で
「名前の由来が、英国のポートランド島から産出される
建築用の石の色に似ていたことによると言われています。」に興味を持ち
その島を地図で見ると驚きでした。
一度グーグルマップで見てください。(ロンドン南下、海岸線を西へブライトン、ポーツマス、サウサンプトンを過ぎ、ボーンマスを過ぎてごちゃした海岸線を過ぎたら、小さな島が見えます:不親切な案内ごめんなさい)
「砂洲の道」がすごいんです。

お話戻します。反省、、、

公園を作るときは、同じ科のお花を多用しないでほしいですね。
モクレン、コブシ、モクレンモドキ、まとめて言うなら「マグノリア」。
風情がないね。なんかジャングルみたいで。
やはり木々には「名板」が必要ですよね。

今、ラボ・先端科学技術大学院大学(JAIST)周辺は、春満開です。
JAISTの春 JAISTの春2
posted by 社長 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182900195

この記事へのトラックバック