2006年08月15日

小泉首相靖国参拝は、正しいか否か。答えなし。人それぞれの「想い」にある。

小泉首相靖国参拝
 
 朝起きたら、「小泉首相が靖国神社を参拝すると」報道。

 「社長のブログ」である以上、商売がマイナスになるような事は書けない。かといって、軽く見られても困る。

小林よしのり戦争論

 98年夏「戦争論」小林よしのり著 幻冬舎が出た時、マスコミは大騒ぎ。確かに、読めば納得してしまう人が多かったが、「そうはいくかい!」とばかりに反対批評も続出。01年秋に「戦争論2」を出すあたり、やはり肝が座っている。

靖国問題

 それから、中国が経済成長を加速させる中、靖国神社参拝についての意見を加速させてきた。書籍も論評も出るわ。出るわ。
 『靖国問題』高橋哲哉著 ちくま書房 これを読んでも、まだ自分が定まらない。「戦争責任認識」「不戦の誓い」「国家責任」「戦没者を顕彰する儀礼装置」「国立追悼施設」「神道施設を無宗教に」これらをキーワードに考えても、ただいえるのは、「人が死んだら、家族親戚の営みになるが、同時に多くの方が死んだら、合同で集団追悼を行うの当たり前になっている。それに参列するか否かは、自由。」

 戦争をして負けて、手に入れたのは「首相が参拝するなんて、、」と批判できる自由であり、参拝する自由、ではないだろうか。(中国にそんな自由はあるのか。国家論を語る自由を今持ち合わせてるのか。)だから、議論すればいい。「想い」だけの「答えのない」問題に「自由に」参加して、人を磨けばよい。

 A級戦犯東條は自殺しそこない、ついには処刑された。もし彼が「天皇」を守るために、悪を背負い込んでいくつもりであったとしたら、手を合わすしかない。彼の真意・本意はどこに、、分かりません。

 戦争は、人間の本能が作る異常で過剰で特殊な状況なのだ。ドイツの様に一人が戦争に導いたのではない日本の戦争、誰に責任転嫁すべきなのか。本当は、天皇だったのか。それも悲しい。これらを悲しみ追悼すればよい。
 日本人の多くは神社に行っても、神経を尖らすほどその宗教を深く思っていない。誰かが「無宗教追悼施設」を語れば語るほど、「宗教」を意識し、他方で「宗教」が強くなってしまうのではないか。

 そんな事を考えていたら、『なぜ、日本人は賽銭を投げるのか』新谷尚紀著 文春新書 を読むまでに、、、

 日本人の宗教は、気が小さい。
 変な言い方だけど、、、そこが可愛い日本人と云う感じ。
 「穢れた貨幣に、穢れを託して賽銭箱に、、」そんなことを思っていなかった。この賽銭で神社の経費に、、としか。社会学者が考えると、行動そのものが、難しくなりすぎてゆく。

 でも、面白い本でした。
 「縁起かつぎ」「カラス・犬と信仰」「辞世の歌」いろいろ勉強になりました。
 

  靖国を参拝する多くの人々   NHK watと考えよう

 今日15日、多くの人が、靖国神社に参拝している。
 昨日、NHKで『どうして人は戦争するの?ワットと一緒に考えよう平和の意味』をやっていた。
 「欲」だよね「欲が人を動かす、戦争へにも・平和へにも、憎しみへにも・愛へにも導く」

 
 

 

posted by 社長 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書で脳を光触媒
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1121744

この記事へのトラックバック