2006年07月24日

日曜日、綺麗な花を求めて三千里、、ではなくラボの近くで探しまくった。

  光触媒と蝶 1

 綺麗でしょう。
 最近のカメラは、撮り方が下手でも綺麗にしてくれる。

 造花を売る者が
 花を愛しなくてどうする、、と云う事で
 
 花を撮影していたら、
 蝶に出会った。
 私のことを、まったく気にせず自由気ままに蜜を吸っていました。
 「あれ、、俺は既に死んでいるのか、、、」と京極夏彦の如く、怪しげな感覚に、、、なりません!

 そうこうしている間に、正面で向き合うことに、、、
 「あんた!さっきから何してるんですか?」の蝶からの質問に
 「ブログ用に綺麗な写真を と思いまして。」
 「捕獲が目的ではないのか、、」
 「いいえ、とんでもない。食べられない物は捕まえません」
 「そうか、まずそうか、、、」
 「いえ、そんな意味ではなく、、、」
     チョットの間
 「じゃ記念に、正面画像とらしたる。蜜を吸ってるところ見せてやる」
 「え!蜜を吸ってるところですか、、」
 「そうだ、いい事あるぞー、ミスタードーナッツ」
 「ふ・古い、、ありがとうございます」
 「は・は・は。手柄にせい!」
 「はい、ではその羽を、、」
 「なにー、裏切り者!」
 「冗談です。ありがとサン」
 と言った会話が成立したかのように、、、

 勿論、「蜜の味」を聞くこともなく。
 「蜜」を求めるがために、「警戒心」まで忘れてしまっていた蝶。」
 人間も蝶も「蜜の味」に導かれ、、、、怖い。
 
光触媒と蝶 2

どうぞ画像をアップして見て下さい。

「硬い」と言われるので、たまにはこのような文章も、如何かと、、
posted by 社長 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 花も光触媒だ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1022448

この記事へのトラックバック