2014年04月29日

朧月-おぼろづき

おぼろ.JPG

ぼんやりしている。

ぼんやり生きていければ、それはそれで幸せであろう。


照りもせず 曇りもはてぬ 春の夜の
  
おぼろ月夜に しくものぞなき 』新古今・大江千里


源氏物語の朧月夜尚侍のような女性が
現れるわけではないが
朧月の夜は、
深遠なるものが、見え隠れしそうです。

元に戻して
「朧月夜」から連想するのは
「ぼんやり」
春霞や春うららの陽気
ついでに、夜は月までぼんやり。
そういえば
ぼんやりしている人が減りました。
以前は、ぼんやりして生きていけたのかな。
最近、「ぼんやり」という言葉が
死語です。

GWの間、ちょっとはぼんやりしていみたいものです。

posted by 社長 at 20:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然

2014年04月20日

芝桜

ロードパークなかうみの里芝桜.JPG

近くに芝桜の綺麗なところがあるので
妻と鑑賞に行きました。
平日なので老夫婦だけがいっぱい居ました。
そのひと組に、私たちもカウントされるのかな。

絨毯みたいな芝桜は
近年、人気のお花ですよね、
暑さ寒さ、乾燥にも強いから手入れが簡単なようです。
畔にもグランドカバーとして植えられています。
オシャレな畑ですよね。

古墳に植えたら綺麗なのにと思うのですが
後の季節が大変かな?

韓国がたいへんです。
客船の事故で、韓国の国民性が見えます。
言葉が悪いのですが
「泣き方・訴え方・謝り方」で人が見えます。

もうひとつ
STAP細胞在るや無しやと議論しているくらいなら
理研内で小保方さんに作らせてみたら!
という単純な事がどうして云えないのでしょうか?
と思う今日この頃です。
posted by 社長 at 21:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然

2014年04月18日

さくら

今年のサクラ2.JPG

桜の木の連続的な風景も綺麗ですが
接写してみると、これも綺麗です。

樹木全体にとらわれ過ぎて
花一輪に目が及びません。

[散るさくら、残るさくらも 散るさくら」
これは、一輪に目を向けた 俳句ですよね。
花一輪と人生です。

桜、さくら、サクラ、sakura。
何だか感じが違います。

散る桜に、惜しい来気持もありますが
桜が終わらねば、陽気なチューリップが来ない。
そして、さつきやつつじが来ない。
杜若やあやめが来ない。

巡る季節に、こころ残りを感じながら
花にときめいています。
posted by 社長 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2014年04月17日

サクラ

今年のサクラ.JPG

『世の中に 絶えて桜の なかりせば
   
    春の心は のどけからまし』(業平)


桜のない、春は考えられないし
そんなこと考えてみたこともないのが、普通。

この歌を学校で習うまでは。

サクラが日本人にとって
ナニモノであるかは、実に深過ぎます。

妻いわく
「花札でも、サクラのまん幕は点数が高い!」
平和な人です。

今年もサクラの画像。
小雨が上がったときに一枚。
いやはや、アップもいいものだと思いました。

「暖を待つ 吾にも似たり 濡れサクラ」
posted by 社長 at 23:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 歳時記

2014年04月14日

火星は赤い

火星は赤い.JPG

火星はやっぱり赤い。
あたりまえなのですが
小学生のころ父が無理して買ってくれた天体望遠鏡で初めて観た時
「赤い!気持ち悪い!」と

今日は、火星の接近日というニュースで
妻と二人で、火星を眺めました。

星は、変わりません。
スパンが長い。勿論私のじっちゃん、ばっちゃんの頃からも変わらない。
変わらないことが、この年になって嬉しいです。

話変わって「クリミア」
ロシアは芸術的にも、科学的にも
優れていますが
国家のランク付けがあるとしたら
現況では、下がりつつあります。

そんな国家のアイデンティティからの反発のようにも見えます。

近年、個人のアイデンティティの時代から
国家のアイデンティティの時代に
また、戻ったように思えます。

新興国の急伸が、先進国を不安にさせてるかのようです。
主たるものと属するもの。
ウクライナは新興国ではありませんが
目指すところは、新興国。
難しい問題です。
何せEUへの選択が、将来的に正しいかと云い切れないのだから。

住む人の権利なのか、土地の附属性が大切なのか。
住む人ならば、簡単に国家は変異します。
しかし、住むということはどういう事なのでしょうか。
国民主権と国家・国土の問題。
土地は、国家のものであって、個人のものではない
という制度化があるのも理解できます。

日本にも、将来の波乱が見えます。
子どもは沢山。大勢産んで欲しいものです。
産める社会が大切だと思います。
そして、やはり教育なのでしょうか
posted by 社長 at 21:25| Comment(46) | TrackBack(0) | 徒然