2013年10月18日

昨日の十三夜に思う

十三夜に思う.JPG

陰暦の九月13日の月。
十三夜。
陰暦の八月15日の月
いわゆる中秋の名月。

中秋の名月を見る人は、十三夜も見ないといけないそうです。

昨日の十三夜の月を仕事中に眺めました。
写真を撮るときも、あえて隅っこに月を置きました。
この間に、何かを感じたいと勝手に思いました。
何が、あったら絵になるか。
紅葉か竹林か、はたまた煙突か。

中国では、「十三夜の月」は無いそうです。
この、欠けたる月を愛でるのは、日本人だけのようです。
「二夜の月」「名残の月」「後の月」とも呼び
愛でる心に、日本人の姿が見えます。
何でもかんでも、「中国から」と云われりゃ
面白くも無いので、十三夜大好きです。

「泊まる気で ひとり来ませり 十三夜」蕪村

そして、月をゆっくり見たら
十五夜にない表情の月があります。
十三夜はすごい.JPG

月の欠けてる境界線の妙がすごいのです。
クレーターが浮かびあがります。

ひょっとしたら
先人は、私どもより視力がよく
この「妙」を楽しんだのかも知れません。

欠けたるモノに、想いを。
コスモスも折れたるものは
折れても花をつけます。
不完全の中に「心」を探ります。
欠けたる月に、想いを持つのもいいもです。

「足らざるを わが身に質す 十三夜」
posted by 社長 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 歳時記

2013年10月13日

秋空と紅葉と月

秋空と紅葉と月1.JPG

秋です。
アメリカフーの紅葉も、ずいぶんと進みました。
先端大学周辺は、もう秋色です。

「秋気」の言葉を思い出させる、清くさわやかな空気感が
心地よいです。
アメリカフーの葉の向こうに「月」
秋空と紅葉と月.JPG
深呼吸して、秋を味わいました。
「やぁ〜、生かされているわ。完全に、自然の下で生きている」
そんなことを想いながら、ぼーっと月を見つめました。
posted by 社長 at 20:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然

2013年10月06日

日本最古の文字須恵器

日本最古の文字須恵器の展示.JPG
日本最古の文字須恵器(刻書須恵器)が、私の住む能美市で
発見され、先日報道発表されました。
『刻まれた古代能美の文字と絵画-発見!-日本最古の文字須恵器』展が
能美市博物館で開催されています。

学芸員の山内さんが、丁寧に対話方式で説明してくれました。

ここからは、展示パネルからの引用です。

これまで、日本最古の文字須恵器は
堺市野々井25号墳、野洲市の桜生7号墳のそれぞれ6世紀の制作でしたが
展示されている能美市和田山23号墳は、5世紀後半と鑑定されました。

漢字そのもののは5世紀からとされ
「埼玉稲荷山古墳の辛亥銘鉄剣」471年
江田船山古墳の「治天下銘太刀」5世紀後半
などで見られます。

今回の文字は、「須恵器」に書かれて焼かれたものです。
発掘時はこのような埋められ方でした。
能美市博物館日本最古の.JPG二年刻須恵器高杯蓋.JPG未刻書須恵器壷.JPG

日本最古の文字須恵器.JPG
「二年」刻書須恵器高杯蓋
文字は、蓋を正位置の状態から90度起こして書者が縦書きに書きやすい位置
にしています。

日本最古の文字須恵器「未」.JPG
「未」刻書須恵器壺
体部の系が最大となる位置に、正位置で「未」(約2センチ)と読める文字が
一文字書かれています。

何故、「二年」や「未」なのか?
何処で焼かれたものなのか?興味は尽きません。

鑑賞中、隣県の富山県から歴史マニアの方が来ていました。
多くの方に、見て頂きたいと思います。
市民の方は、当然見とくべきです。

丁度「遷宮の年」。
古代や奈良・平安時代に興味を注ぐのもいいかもしれません。
posted by 社長 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 能美市のこと

2013年10月02日

気比の松原

気比の松原.JPG

日曜日、時間があったので
美保の松原、虹の松原と並ぶ「気比の松原」を見に行きました。
波に打上げられたゴミの多さに、ビックリ。

これが、普通なのかと?
最近、海が荒れたのはいつだっけ?
いろんな事を思いながら、海と松の海岸線を眺めました。

久しぶりのブログになりました。
息子の結婚式で、何かと忙しい9月でした。
皆さんの前で「誓いのキス」をするシーンでは
親ながら、複雑な心境でしたが
上手に見えないようにさりげなく交わし
安心しました。
披露宴も、宴会芸の連続かと心配しましたが
大人びた感じで進行しました。

ひとつ肩の荷が下りた感じです。
これからの幸せを願うばかりです。
posted by 社長 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然