2012年09月15日

押切もえが挑む

押切もえが挑む.JPG
NHK『押切もえが挑む! 天空の頂 槍ヶ岳』を観ました。
押切もえが「山ガール」であるような発言もありましたが
モデルであります。
槍ヶ岳と言えば
押切もえが挑む3.JPG

このように、岩登りであり
押切もえ自身も、「怖い!落ちそうで怖い!」と言って
足がすくんでいました。
もちろん、登った後の降りるときの恐怖も
察知していました。

ところが、この「押切もえ」という人間は
実に、すごい。
「人生(仕事)と同じで、上しか見ない!」とか言って
登りだすのであります。

『モデル失格』を読んで以来
彼女が気になっていましたが、
この前のめりの生き方に・思考に感動すら覚えました。

モデルという女性的な仕事ではありますが
その仕事も実に大変なのだ!と感じてしまいます。
モデル業界で生き続けるということは
実に、タフなことなのでしょうね。

押切もえが挑む2.JPG

NHKが押切もえを登用したことへの
驚きと共に
押切もえを熟知していての登用であったかと思います。
まぐれなんかではない。
押切もえは、必ずや登攀するという確信があったかと思います。
強い心をもってやり遂げる女性のようです。

実にいい番組でした。
posted by 社長 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2012年09月06日

ユリの咲く道

百合 ゆり リリー.JPG

会社までの道
街路樹の百日紅が咲いているのは、毎年のことなのですが
今年は、法面のユリがやたらに目に付きます。
「てっぽうユリ」か「タカサゴユリ」かは知りませんが
とにかく、群生しています。

北陸先端科学技術大学院大学への道は
4本ありますが、メインの道は経費削減なのか
公園だったと思われる所も草だらけ。
そして、この道も植生がどんどん変わっています。
ユリが咲いてる分にはまだいいのですが
来年以降どうなるのでしょうか?
チョット興味深いです。

そう思うと
古墳の葺石は、遠目からの輝きという威厳も重要な要素だったのでしょうが
雑草が生え難いという効果も絶大だったのが
よーくわかります。

道や施設を作ると、管理費が掛かる。
実に当たり前のことですね。
posted by 社長 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然